富士で見た花‐2009.8.4              milky-skyのひとりごと

  


今年も夏の富士山へ連れて行ってもらうことが出来ました。


                        
2009.8.4撮影 6合目付近から  左端:あゆさんとまこちゃん



前回連れて行っていただいたのは7月。たった一ヶ月後でしたが素晴らしいお花畑に出会えました。
今回は山の麓のほうから徐々に上へ。
一緒に楽しんでくださいね。

    

ご案内はミーハー及び
山野草ド素人のワタクシと、富士山探検隊隊長で富士山と山野草に精通のあゆさん
そして
山野草精通のまこちゃんの3人です。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●
まずは
太郎坊駐車場付近の様子から!



晴天に恵まれて、涼風の中、手前の茂みはイタドリの白い花。
富士山中、あちこちに群生してとても綺麗なんです。
これから何度も登場しますよ。




イタドリ(白)   タデ科
........................................................................................

 

昨年も何度も何度もこの花を見て、大好きになり写真を撮りまくったものでした。
今、咲き出して美しくなってきています。
高山で見るイタドリはどうしてこうも美しいんでしょうね!



近くに赤花のイタドリも咲き出していました。
ベニイタドリ(メイゲツソウとも呼ぶそうです)
.................................


 

ベニイタドリの赤い色には個体差があって、白と赤の中間のみかん色みたいな個体や、思いっきり赤いのや、いろいろあって面白いです。






ヤマホタルブクロ キキョウ科
.....................

去年9月に訪れた時も可愛い姿で咲いていました。
今年はまだ咲き出したばかり、蕾も多数見受けられました。

 


ぷっくりしてて可愛いですね〜。
これ背丈は小さいのに花の大きさはイッチョマイで、そこがいいんですね〜。
あゆさんいわく「もしこれと同じ種類の物を下界で育てたら、大きくなって花も幾つもついてしまうんだよね」
なるほど、高山植物はこんなふうに小さいから魅力的なんですもんね。





さてさて、今度は高山のバラ。

ノイバラ バラ科
............................................................................

 

このノイバラの開花はまだ見たことがありません。
いつ頃咲いたんでしょうか、花殻がローズヒップになっています。
少しづつ育つその骨格がとてもいい感じです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●




この近辺には
フジアザミ(とっても巨大なアザミです)が散らばっていました。
今年はどんなかなぁ、と楽しみに覗くと、まだ開花前の硬い蕾。

 

フジアザミ、蕾の姿や色もいいですね〜。 去年9月には満開を過ぎる頃でしたから
これから一ヶ月でどんどん咲いてきますね。
後で咲いた花も見つけましたからお楽しみにね。






地面を彩る苔
.........................


  

五合目の辺りまでは森林や草原が続きます。 そこにはとっても綺麗な苔がいっぱい。
黒や赤の富士山の溶岩に貼りついて育ったり、小さな宇宙を作っているんですよね。
これは本当に魅力的。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●
質問その1!

さて、これは何の木? マメ科らしい白い花が咲いていました。
あゆさん宅にも育っているそうですが、本人名前をド忘れ・・・お互いそういうトシなんですよね(苦笑)!



ANS. あゆさんから→ これはイヌエンジュだそうです。
イヌエンジュ:マメ科 落葉高木



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●

質問その2!
次のこの小さな草花はなんでしたか?
→→ANS.(あゆさんから)
                    
あれはね、
                  「フジオトギリ」だよ。
                  オトギリソウの仲間で、ちっこいのが特徴です。


 

小さな黄色の蕾がついてます。コメ粒みたいな大きさの蕾ですよ。








クサボタン  Clematis stans Siebold et Zucc. キンポウゲ科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

 

木立性のクレマチスの原種です。薄紫の花がとってもステキ!
昨年もこれに夢中になったものでした。
今年はまだ蕾です。これから一ヶ月で満開になりますね。株いっぱいに花がついて、それは見事になるんですよ。





ライチゴ  Rubus illecebrosus Focke. バラ科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 

地面に這うように小さく育って、体に似合わず立派な大きな実をつけています。
葉の形がバラに似ていることから「バライチゴ」と呼ばれているそうです。
葉には深く葉脈が入っていて、明るい色をしていました。

図鑑によると白い花が咲くそうです。






ヨツバヒヨドリ Eupatorium chinense subsp. sachalinense  キク科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


綺麗な蕾がいっぱいありました。昨年9月に行った時、なかなかこの花の名前が分からなかった私です。
あゆさんが葉を指さして、「こんなふうに葉が輪生するのが特徴だよ」と教えてくれてます。
私にはまだ今一つ、見分け方が分かりません。。。普通のヒヨドリソウを並べたら分かるかな???




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●

さてお昼を食べよう!と我々のいつもの昼ごはんの場所に移動しました。
三合目の広い駐車場。
そこで一足先に咲き出したフジアザミを見つけました!


フジアザミ Cirsium purpuratum Matsum.キク科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  

日当たりが良くて暖かいのか、この一株だけが開花していました。
開き出すとまだまだ大きくなりますよね! この大きさ!なんか迫力でしょう?!
また今年も会えるなんて!本当に嬉しいです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●

私たちのお昼ごはんは山に入る直前のコンビニで買ってきたおにぎり等、いろいろです。
これが最高においしいんですよ、ここで食べると!
写真はまこちゃんからお借りしました。



これ、ぱくぱくっと楽しくおいしくいただいて、さぁ!また出発です。


五合目に向かう途中の道筋には、いつも花を観察している美しい場所があります。
咲き出したばかりの美しい子たちに出会えましたよ^^





タイツリオウギ  Astragalus membranaceus Bunge マメ科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

これに良く似たイワオウギというのがありますが、良く見ると花のつき方が違います。
タイツリオウギのほうが花がぷっくりしてて一枝につく花数も少なめなんですね。
去年まとめる時、図鑑と首っ引きで調べたのが今年役に立ちました(^^)。

草丈:20〜70cm
開花期:夏
多年草



斜面一面に群生しています。
良く見るとさまざまな花が混じっていますね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



タイツリオウギのお豆さんの蕾の中に混じって咲いているこの黄色い花は?
アキノキリンソウかな〜?キオンほど大きな花じゃなかったので、たぶんそうだと思います。





タカネグンナイフウロ   Geranium onoei Franch. et Sav. フウロソウ科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
多年草、草丈:30〜50cm

 

淡い紫?青?の美しいフウロソウです。 花は大きめなので、野原で目立ちます。
花が散った後の種のなりかけも可愛いですね。

  こんな姿があちこちに点在。



…・…・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ヤマホタルブクロのポっこりお腹が可愛くて、しかもこの花の大きなこと!全身花みたい(^m^)!




質問その3!そして黒い蕾が固まったこの植物は何でしょう?どなたかご存じなら教えてください。
         この黒いポツポツが可愛くて、妙に気になりました。

ANS.あゆさんとmichinoriさんから→ヤハズヒゴタイの蕾

あゆさんから昨年9月3日のヤハズヒゴタイの写真をいただきました。

       

                              Photo by あゆさん

このあゆさんからの写真で思い出しました!
そうそう、去年も私、この花なんだろう?って気になっていた花でした。秋に咲く花なんですね。淡い紫にツンツンと青いしべ?
綺麗ですね〜。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●



 立て続けに質問で恐縮、質問その4!

この花はよほど甘いのか、蜂が群がっていました。
この植物の名前は??

ANS.あゆさんから→イワニンジンかなぁ?とのこと。

イワニンジン:Angelica hakonensis セリ科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

検索してみるとなるほど!富士山5合目で8月4日に撮影したという記述も載ってました。




…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●

この五合目に向かう途中のポイントには心惹かれる植物がいっぱいです。


ミヤマオトコヨモギ  Artemisia pedunculosa Miq. キク科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

花はコロンとしてうなだれています。直径は5ミリくらいでしょうか。
このミヤマオトコヨモギは五合目の上にもいるんですが、ここのほうがザックリしている気がします。

 

あとでもっと上の方の写真も載せますので、雰囲気の違いわかるかな?




シャジン  キキョウ科 多年草
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





イワニンジンが真ん中にニョキっと生えて、足元にはたくさんの青い花。
シャジンの群生地です。 昨年まこちゃんは「シャジンだ〜!!」と喜び、私は「カンパニュラだ〜!!」と叫んでいました(笑)
今年は咲き出したばかりか?美しい光景が展開されていました。




ひとくちにシャジンと言っても、いろいろ種類があるそうで・・・
ヒメシャジンとかイワシャジンとか、耳に聞いても私には見分けられません。

可愛い姿がいろいろ見られましたので写真を並べておきますね。
どなたか詳しい名前がおわかりでしたら、どうぞよろしく。

  


  

素敵でしょう〜?! このシャジンは草はらに群生している子たちです。

次は岩肌にくっついていた子! 岩に居るからイワシャジンとか、そんな簡単なことじゃ決められないよね??

 




トモエシオガマ   ゴマノハグサ科 多年草 草丈:25〜60cm
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

先ほどからの写真に写っていた紫がかったピンクの花はトモエシオガマ。
似たような雑草(こういう言い方はいけないかもしれないね、(^−^;)ゞ)が近所にも生えてますが、それとは花の大きさが違うんです。
山のこの花のほうが圧倒的に大きい!高山植物の美しさって不思議ですね〜。
高い場所だから小さいとも限らない、不思議です。

シャジンやトモエシオガマの群生する斜面に雲がさ〜っとかかって動いて行きます。



ダケカンバ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ダケカンバの幹の美しいこと!! あゆさんが手にとって説明してくれてます。
はがれた木肌をみつけてくれました。 触ると本当に薄くて、なんだか鰹節みたい?!
軽くてシャワシャワしてました。

きれいだな、きれいだな、すてきだな、と夢中になっているうちにも
下のほうから雲が流れてきて霧となって山を流れていきます。

 

霧がふわ〜っとかかって流れていきます。
空気はなぜか甘く、澄み切っていて・・・至福の時間が過ぎていきます。 まこちゃんは何か見つけた様子ですね。夢中で観察中です。



   

最初の写真はナニモノ?素敵な蕾でした。次の写真は昨年9月には咲いていたアザミ、今小さな蕾が見えています。
次の黄色い花は?ランの仲間でしょうか?そして最後の写真は昨年9月に美しく咲いていた猛毒のトリカブトです。
トリカブトは根は毒でも花はめちゃくちゃ美しいです。庭で咲くものなら育ててみたいと思える花ですよね。葉も綺麗です。








さぁ、次はいよいよ五合目の登山口へ!

富士山五合目の駐車場では、先日落石事故があり犠牲者が出ました。
皆、ご冥福を祈りながら・・・。




五合目の登山口に入ったばかりの場所で何人かの登山者の方たちが雑談していました。




この写真の一番左側の方はかなり高齢の方で、今降りてきたところのようでした。
すごいなぁ、と思いつつ、この光景がとってもいいなぁ、とシャッターを切りました。

さて、最初に見たのはクルマユリ!
昨年まこちゃんが一個咲いてるのを見つけて大喜びしてた小さな朱色のユリです。


クルマユリ   Lilium medeoloides A.Gray ユリ科
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

亜高山帯に分布
多年草
草丈:30〜100cm
開花時期:夏


 

いましたよ!本当に綺麗です!
白いイタドリの花に囲まれて、濃いオレンジ色で咲いています。
くるくるんと丸まった花びら、雄蕊も同じオレンジ色で、ぎゅっと詰まった美しさ、かなぁ!
なにしろ、まこちゃんとあゆさんの反応で「これって凄いんだ?!」ってわかる私(苦笑)。
ただし「どう凄いのか?」は理解できておりません。。。。たぶんすごく珍しいのよね?で、美しい!そうでしょう???







ミヤマハンショウヅル Clematis alpina ssp. ochotensis
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ←8月4日

  ←7月1日


七月に訪れた時に蕾だったミヤマハンショウヅルが種になっていました。 ここだよね?と探して見つけました。
こんなことが何度か訪れる者の楽しみなんですね。
「いたいた〜♪」って皆でシャッターを切っていると、通りがかりの方が不思議そうに「何がいるんですか?」って(笑)!
「植物です」と答えると「はぁ。。。」と怪訝そうでした。(^m^)だよね〜、わかるわ。




ミヤマオトコヨモギ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★
三合目付近でも載せたミヤマオトコヨモギです。
五合目を越えると、さらに高山植物の風情が出てきますね。
背も低く絞られた姿です。

 





ベニイタドリ(メイゲツソウ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
五合目から先のベニイタドリ、やはり三合目の辺りの姿とは、ちょっと違いますね!

 

草丈が低くなり、色も濃い色の個体を見つけました。
昨年9月に訪れた時はイタドリの群生に圧倒されたものでした。




こちらは白いイタドリ?オンタデかもしれません。
オンタデとイタドリはそっくりで区別がつき辛いそうですが、少しクリーム色の花はオンタデらしいです。
五合目を越えて六合目に近づく辺り、イタドリの花が黄色く感じました。
あれはオンタデだったんですね。
調べると富士山でのイタドリは0〜2600m付近、オンタデは2000〜3200m辺りに分布するそうです。
参考→ニューズレター「富士山五合目のスコリア高原上に分布するイタドリとオンタデの環境適応機構」
富士山の黒い砂、岩石の上にいて美しいです。

 

手前:ミヤマオトコヨモギ、奥:オンタデ、脇を進む登山者たち。



針葉樹の実も綺麗ですね〜
カラマツだそうです。




コケモモ Vaccinium vitis-idaena
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

写真中央の小さな葉の植物がコケモモです。
まだ緑色の真ん丸い実がたくさんついていました。



 

続けて現れるミヤマオトコヨモギ、あゆさんとまこちゃんは、またまた何か発見!
こんなふうに写真撮影しながら登るので、さっぱり前に進みません(笑)。




ミヤマハンショウヅルの花後
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あちこちにミヤマハンショウヅルの何年も経ったと思われる株が暮らしています。
あゆさんが「きっとこれは十年以上経ってる株だね」など説明してくれます。

 

クレマチスの原種、憧れる方も多いと聞きます。 種の姿がとてもきれいです。





ときおりサーっと霧がかかって真っ白になります。
オンタデの黄色がかった花が点在して美しい。


 

オンタデのほうがイタドリより茎が太いらしい。この写真の白い株は茎も白っぽいね。オンタデ??赤いのはベニイタドリでいいのかな?
もうこうなっちゃうと私にはどれがなんだか、さっぱりわからん。。。。




こちらの写真の白い花、茎が赤いです。

 

ベニイタドリ(メイゲツソウ)も個体差がかなりあって、一番の自分のお気に入りを見つけたりするのが楽しいです。





六合目の山小屋が見えてきました。

 

初めて見るので興味津々!




綺麗な青空!!

  


 

記念撮影中のグループを脇から撮影、みんな笑顔が素敵!  雲海荘の看板も良い感じ〜!


 

見るもの全て面白い。




なんかカッコイイかなぁ〜!



 

また私の知らないモノ、出現。この綿みたいなふわふわは何?


 

写真左:今度はイワオウギの群落?  これと写真右のオンタデが混在して、すごく綺麗です。




綺麗でしょう〜?


 

こんな中を進んで宝永山火口へ。






 

わ〜い!とかバカやってる場合じゃない、お茶しましょう〜♪ これがまた美味しいんですよね〜。


 

遠くから高校生か中学生のグループが降りてきます。




湧いては流れてゆく雲の影が山肌に映って・・・特別な空気と時間が過ぎてゆきます。




             宝永山の巨人の顔(?)   Photo by あゆさん

宝永山に登る予定でしたが、道草を食いすぎて時間切れ。
今回はここで引き返すよ、と隊長の声がかかりました。








帰り道にも素敵なことが!

行きは霧がかかっていて見えなかった場所ですが、帰り道では霧が晴れ
雲の流れる中に美しい下界の景色が広がりました。


 

雲の切れ間から少しづつ下が見えてきます。




あゆさんがまこちゃんに「あそこに見えるのが・・・」と説明してくれてます。




他の登山者も皆、夢中です。




ほんの数分の間に雲が切れたり、また立ち込めたり…流れが速く美しいです。




「あそこに見えるのが御巣鷹山だよ」とあゆさん。
(←私の聞き違え、下記に訂正。(;^_^A アセアセ・・・)




御巣鷹山・・・あの事故から何年経っただろう、と拝むような気持ちで見ました。
こんなに美しい山だったんですね。。。

              
↑訂正  あゆさんからメール:
                     
わわわっ、ちがう、違う。
                          あの山は「愛鷹山(あしたかやま)」です。

                       御巣鷹山は群馬の山だよ(*^^)v


               げげげっ!!「おすたか」じゃなくて「あしたか」だったんだっ!ひょえ〜\(@◇@)/
               みなさん、ごめんなさい!訂正、訂正、大訂正です!!(x_x) ☆\(^^;) ぽかっ




ムラサキモメンヅル  Astragalus adsurgens
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マメ科の薄紫の綺麗な花が咲いていました。

 

ミヤマオトコヨモギやイタドリと一緒に暮らしています。 このモメンヅルの花は体のわりに大きくて地面で目立ちます。





また霧が流れてきました。 マイナスイオンかな?体も心もリフレッシュ!!


 

かなり赤いメイゲツソウに出会いました。


どんどん降りて五合目の入り口付近まで戻ります。
西日を浴びて、行きに見た植物たちがきらきら輝いていました。



背丈の小さなクルマユリ、白いイタドリ、本当に綺麗です。




 

クルマユリの間からシャジンの蕾がいっぱい伸びています。
きっと今頃(8月半ば)は満開かもしれませんね〜

花の写真を撮るのに夢中になって、それから上の方を振り返ると、なんと!鹿が現れました!
富士山で鹿の家族に出会った、とあゆさんやまこちゃんから聞いてはいたのですが
なんとラッキー\(^▽^)/ 


そして駐車場へ向かっている時、また駐車場のフェンスの向こう側に鹿が現れました。
しかも(鹿だけに。。。)今度は3頭です!



                          Photo by あゆさん

いっや〜、嬉しかったです。



行く度、行く度、違う顔を見せてくれる富士山と富士の植物たち。
本当に好きになりますね。


以下、
あゆさんからいただいた黒花のミヤマハンショウヅルの写真です。


               クロハナミヤマハンショウヅルの花後ー2009.8.4  Photo by あゆさん



               これは7月半ばの頃の花    Photo by あゆさん




             同じく7月半ば       Photo by あゆさん


ステキ過ぎるでしょう〜?! これだから富士山は・・・(*≧▽≦*).:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'
あゆさん撮影のクロハナハンショウヅルなんて高山植物の雑誌にもなかなか載ってない迫力ですよね〜


あゆさん、まこちゃん、本当にありがとう〜!
また連れてってね〜♪



長い記事にお付き合いいただいた皆様、本当にありがとうございました。




                      トップページに戻る