裏の通路の夢物語-2007・3月


昨年の1月・2月に整え始めた裏の殺風景な通路
ちょっと手を入れたお蔭で5月・6月にはとっても楽しい場所になったのでした。
そして今年も夢は広がります。

まずは勝手口脇の小さな花壇。



昨年は左の隅に写っている樽にはパセリを植えたりナスタチウムを植えたりしました。
そしてレンガを積み上げた花壇にはシャガや百合やクリスマスローズ等を植えたのでした。
シャガは生育が旺盛すぎて増えすぎ伸びすぎ、他の植物を圧倒してしまいました。
お蔭でここに植えていたクリスマスローズのニゲルは生育不良です。
そのため、シャガは全て抜いて、一部は裏通路の邪魔にならない場所へ。
残りは捨てました(^-^;)ゞ

そして今年はキッチン野菜を植え込みました。



買ってきたロケットの苗とカラーリーフのレタスの苗、そしてもうずっと育って貢献してくれてるパセリです。
真中、白いタグがささっている場所は百合のカサブランカがいるところです。
ちょっと考えましたが、カサブランカも掘りあげて別の場所に移動しました。

よく見てたら朝日が1時間くらい当たるんです。
この1時間の朝日は植物にとって短すぎるか?ぎりぎりなのか?
なんだかバラも育つんじゃないの?...どうもそんな気がします。


  

昨年1年育てた頂きもののバラ・ロココ。四季咲きのツルバラです。
しかも強健そうです(^。^;)ゞ
そして「秀じいの堆肥」と「微生物堆肥」と園芸用土を若干。
これを土に混ぜ込んでロココを植え付けました。



上手く育ってくれるかな?
夢はこのツルバラで覆われた勝手口まわりです。
作業が終わる頃にはもう日が当たらなくなりました。
本当にダイジョブかいな??

そして昨年の反省点は狭い通路なのに背の高い植物が多かったことです。
狭い場所には背の低いものを並べた方が圧迫感がなくて美しいです。
しかし紫陽花はもういまさらどうしようもないので
秋になるたけ切り詰めました。
なにしろ伸び放題になってましたから!

そして昨年から植え込んでいた子たちがまた活動を始めました。

  

ディルのコボレダネがあちこちに。このハーブは魚料理に最高です。

  

サザンカもいいでしょう? ここへ1本持ってきて正解でした。

  

西側で体調不良だったアセビ、蕾を持っています。南天もいい調子。

    

西洋桜草やキキョウの仲間、グランドカバーも育ってます。
こうやってみると日陰とは言っても日に30分から1時間直射日光があって
明るい場所ならそれなりに植物は育つものなんですね。

  

庭から通路へ入るあたりの比較的日当たりの良い場所ではバラを育てています。
昨年お寺からいただいてきた、まだ何色が咲くのか判らない子と
去年1年でツルを延ばしたポールズヒマラヤンムスク。白い小さな花です。
去年は小さかったので足元に2、3個の花でした。
今年は咲いてくれるのかしら??



そして昨年設置した裏のアーチ。
猫のミルちゃんが通路に向かうところです。
このアーチにはつるバラ・イブピアッチェが誘引してあります。
去年はツルを伸ばすだけでお花が咲きませんでした。
さて!今年お顔を見せてくれるでしょうか!
期待でいっぱいです。


あと1、2ヶ月したらきっと昨年のインパチェンスも蕾を持ち出すでしょう。
そしたらまた見てくださいね!



裏の通路の夢物語へ