裏の通路の夢物語


START 2006.1.27

------>
裏庭には2羽ニワトリが・・・いないけど、物干しが1台。冬には枯れ木ばかりになる紫陽花が8株。古臭い室外機が1台。
土や枯葉が溜まる溝が1列。
東側はコンクリートの壁。その上は土手になってる。西側が我が家。南側には物置と隣家。だから日当たりは最悪。
裏側で誰も見ないし他人様は通らないし、どうせ通路なんだからいいじゃん?て言われるけど、でもさ。
ただでさえ日当たり悪くて暗いイメージなのに、なんだか殺風景でつまんないわよねぇ。
第一こんな暗っぽいの縁起が悪いわよ。
暗いならそれなりに、ちょっとづつ手を加えれば。 殺風景ならそれなりに目を楽しませる工夫をすれば。
日当たり大好きの華やかな花たちは育たないけど、こんな日陰が好きな子もいるはず。
冬みんな枯れちゃうなら日陰でも頑張ってくれる常緑樹を。お金はかけられないから廃物利用で。
植木もあるものをなるたけ移動して。

そんなこんなで始めてみました。

私の裏の通路でみる夢物語です。
2006.1.27の通路
2006.6.18
工事着手前。物置の方向からキッチンの勝手口に向けて
撮影しました。
1月ステップ完了。
2月3日、勝手口脇に花壇を設置しました。
2月中旬、物干し下にレンガ敷、植物を若干移設。
3月-バラ・ホスタ等植え込み
工事1日目
以前から敷いてあったコンクリートの平板を撤去。
大きい物が12枚、小さいのも12枚。
他にハンペン煉瓦が8枚。
まず玉砂利を集めて撤去。
コンクリ板をはずしながら、間に植えられていた玉竜を一時保管。
掘り出した材料とガラ石。大きなコンクリ板はすごく重くて私一人じゃ
持ち上げて運んでちゃ腰を痛める。ってか持ち上がらない。
で、がっこんがっこん転がして集めた。
これは再利用する大事な部材。
平板をはがした後の状況。
はってあった場所は厚みの分だけ低くなっており
奥の地面と段差がある。
物干し台もコンクリ壁の方に寄せた。
工事2日目
土日はお出かけしちゃったので、月曜日から再開。男手がないのはツライね。
でもコツコツやればなんとかなるか。
工事2日目。 平板がはってあった低い部分にレベル調整しながら並べ替えた。
もともと地面が若干傾斜をつけて板をセットしてあったので(たぶん水はけを考えたのだろう)
平らにするのは結構大変。
なにしろ踏み固められていて土が固いし、砂利交じりと粘土質とで簡単には掘れない。
1枚はる度にため息つきながら半分完了。
猫のミルちゃんは高見の見物?
気になるらしく、ずっと傍で見てる。
工事3日目
今度は一番奥の段差の上の部分。
ここは何も敷いてなかった所だから、まず地面を掘って、レベルを出しながら平板を並べる。
掘って1枚大きい平板を埋め込んだところ。
今度は小さいの2枚を掘って埋め込む。
大きい板と小さい板は厚みも違う。
小さい板を大きい板のレベルにあわせて埋め込む。
本当は砂で調整し目地部分にも入れるといいんだけど。
費用削減のため、土でやっちゃう。
コンクリートの平板は裏側が土で少し色が変わってたのでひっくり返して裏側を見せた。
雨が降ったら結局もとの色になるのかな〜?
狭いなりにゆるやかにカーブをつけて廃物利用のステップ完成。
左の写真の向きだと室外機がとっても邪魔。
これをいつかカバーしないと。
たぶん、棚を囲って作るだけでも変わりそう。
上に植木鉢とか置けるしね。

右の写真はキッチン側から。
ここからの眺めはかなり明るくなったように感じる。
中央にあるのは先日門側から移設したサツキとシャラ。

シャラはこんな日陰じゃダメらしいので目下検討中。

→2月中旬に鉢植えにしました。着床が不安。
←ここにちらっと見える樽のとこが↓の写真。
勝手口ドアの脇の部分。
昨年秋にここにミントとセージとパセリ、シソなんかを
植えて台所から利用した。
樽は先日までブルーアイスが植えられていたもの。
ブルーアイスを掘り出すとき壊れちゃった。
底が抜けてるし板は外れ掛けてるし、ひどいもんです。
でも土を入れちゃえば何とかなるんじゃ?
次回はここを改造します。
煉瓦、在庫処分で1枚50円。50枚買ってきてあります。
これで少し見た目がいいようにミニ菜園をリフォーム。
次回の宿題。
溝に沢山の枯葉と土が入り込んでる。
上はちょっと掘ってみた写真。
全部きれいにしないと側溝の役割してないと思う。。
そしてここに土が入らないように、脇を何かで囲わ
ないといけないかな。
長いから大変そう。

余談ですが、私がここにかかりっきりなので猫達が「かまってよ、かまってよ」とくっついて邪魔をする。
歩くと先回りして転がってくねくね。いっちょまいにステップを歩いてみてチェック。
君たち、寒いし汚れるからさぁ、お部屋で丸まってたら〜?
ステップ完了
勝手口脇に花壇設置
物干し下にレンガ敷き
玉龍移設
ツツジ1株他移設
サザンカ移設
紫陽花の移動
薔薇/ポールズ・ヒマラヤンムスク1株
ホスタ2株・アスチルベ1株
ディセントラ・フォーモサ1株
キッチン花壇設置を見てみる
お引っ越ししました。こちらが新しいURLです。

2月3日、勝手口脇に花壇を設置しました。

2月10日〜14日
ちょっとづつボチボチと手を加えました。
実際に洗濯物を干してみると、足元が固まってないのは
どうも落ち着かない。
そこで物干し竿の下の部分はレンガを敷くことにしました。

先日掘り出したレンガでは若干不足なので
合間に、やはり先日掘り返したコンクリタイル(小)を入れることに。
コンクリタイルはそのままじゃチョット、かなぁ?とペイントしてみました。
<物干しスペース>
これで干す時の足場がすこし良くなりました。
夏場に植木鉢を避難させるにもいいかも。
<室外機まわり>
裏の通路では比較的日当たりがいいのに室外機がデンと!
すこしズラシて角にツツジを持ってきた。
少しは目隠しになるし、もとツツジがいた場所には薔薇を植えれる(^−^)
玄関ステップの植木ボックスから
移した南天。
常緑のものがあるとコンクリ壁の暗さも和らぐ。
先日散歩に行って、うっそうとした竹の間の日陰に自生してた
小さな苗木とシダをえい!っと抜いてきました。
もちろん、この通路に植えました。
シダは強いのですぐ着いたようですが、苗木の方は若干不安です。
この通路には最初から紫陽花が8株以上もコンクリ壁側に一列に
整列して植えられていました。
この紫陽花を今回1株建物壁側に移植。
朝一瞬だけ日が差します。

そのうちもう1株を室外機の脇(ツツジと反対側に)移そうと思っています。
昨日、おとといの暖かさで紫陽花の芽が動き出したので早くせねば!
リサイクル店で
こんなチビの一輪車が
売ってたのでゲット。
結構作業の役に立つ。
2006.2.15現在

3月...暖かくなってきました。
紫陽花も芽吹き春を感じます。
バラ/ポールズ・ヒマラヤンムスクを植えました。
これは半日陰でもOKの強いつるバラ。1季咲き。
一番物置に近い方に植えました。
あとで見てみたら、パット・オースティンの場所より日当たりがいい。
その後、3月24日にホスタやアスチルベの株を植え込みました。
アスチルベ
ホスタ フォーチュネイ
ホスタ シーボルティア
ディセントラ フォーモサ
どれも半日陰が好きで耐寒性(-15℃)にすぐれ、植えっぱなしで毎年楽しませてくれる植物たちです。
花期は6月〜7月に集中しそうです。
うまく育ってくれますように!
緑の葉っぱはジギタリスです。
この子も半日陰で育つはずなのです。
奥の小さな白い花はスィートアリュッサム。
朝日しかあたりませんが元気にしてます。
屋根からの雨水の跳ね返りがひどいので
木片チップ(ガーデニング用)を敷いてみました。
2006.3.24現在
3月24日/植物植え込み

2006.5.22  緑が育ち、紫陽花の蕾もあらわれ通路が楽しくなってきました。
室外機の上で元気なナスタチウム黄
紫陽花はどの株も蕾をつけて準備万端
西側から移設した馬酔木、居心地良さそう
日当たりの良くない奥の花壇脇の樽の中で
絶好調(?)のナスタチウム赤
今朝、こんな子発見!!
ど、どちらさま??
試しにポリジなるものも植えてみた。
育ってる。
ホスタも。
5月初旬、シャガも綺麗だった。
これも5月初旬に撮影。
以前移設した南天が花芽をつけた。
というわけで、今こんな感じ。
通路へ続く小さなバラ庭。 秋・冬はまったく日影なんだけど
春はいい感じ。
だから今は、一年前には存在しなかったこのバラ庭と
洗濯物干しの通路についつい足を運び、うっとりしています。
室外機の左脇の壁際は
つるバラのイブ・ピアッチェや黄色いバラが
育っています。
今年1月にこの裏通路に着手した時は
ここまで変身できるとは想像も出来なかった。
このシェードガーデンもね、まさかこんなにバラの調子が
いいなんて。
日影すぎるってすごく心配したのにね。
すごく嬉しい。
2006.6.24  紫陽花が満開に!今裏の通路は一番美しい時期を迎えました。

2006年紫陽花
詳しくはこちら↓
9月13日/インパチェンスと裏通路
その後の通路
2007年3月の通路
2007年5月/裏通路とポールズ・ヒマラヤンムスク

2007年の裏通路
ホームページの容量不足でブログにUPしております。

2008年の裏通路
ホームページをお引っ越しして容量を確保しました。
これで安心して続きを載せられます(笑)
ずいぶん雰囲気の変わってきた裏通路、ちょっと見てやってくださいね?
2008.4.25  裏通路に植えたバラやクレマチスが育ってきたので、ちょっと楽しいコーナーを作ってみました。
昨年、馬酔木の脇の古い紫陽花を移動して
替わりにバラとクレマチスを植えてみました。



植えたバラはミニバラのシーフォームと
鉢植えで死にそうになった(汗)デンティ・ベス(HT)
タグが吹っ飛んでしまったための処分価格(500円)で求めた
イングリッシュ・ローズです。

このクレマチス(種類はテッセン)がぐいぐい伸びてきたので
支えにトレリスを立ててみました。
そしたらなんだかいい雰囲気に!
蕾もたくさん育ってます。
咲く景色が今から楽しみ。
勝手口脇の花壇にも今はバラとクレマチスがいます。
つるバラのポルカとクレマチスはH・F・ヤングです。
ポルカはご近所のお友達が挿し芽で増やしたものをいただきました。
昨年も美しく咲いてくれたんですよ。
今年は少しつるバラの姿になってきました。
2008.4.25
H・F・ヤングは2007年秋に植えたと思うのですが
今年枝を伸ばして蕾もたくさん。
南側の何年もいるヤングよりずっと元気です。
そして無愛想なコンクリートの斜面を隠そうと始めたつるバラ育成。
2006年3月に小さな苗を植えたのでしたね。
東の陽をうけてぐんぐん育ってますよ!
さすがモンスターと呼ばれるだけある
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク!
すごい勢いで成長中。
今年は花もたくさん咲きそうです!
2008.4.25
ポルカも蕾が出てきました。
待っていた5月、ヒマラヤンムスクが満開に! そして名称不明の可愛いバラも一緒に咲きました。

2008.5.26追記
物干しから物置にかけての
コンクリートの壁が今庭で一番きれいです。
ポールズ・ヒマラヤンムスクの花は
小さく可憐で桜の花のようなピンクです。

香りもとても良くて、想像以上の花でした。


この小さな花が大好きになりました。
壁の手前で咲くこのバラはオールドローズの雰囲気です。
花径は5〜6cm。 香りはあまりしません。 一季咲きです。
甘く爽やかなピンクで
たくさんの柔らかな花びらを持ち
うなだれて咲きます。

ポールズ・ヒマラヤンムスクと
とてもいいコンビネーションです。
バラも咲く裏通路に→
2008.5.23

2008.6.2追記
勝手口の脇に作った小さな花壇で
大輪のツルバラ、ポルカが開きました。
肥料の効きすぎか大きすぎて・・・!
ちょっと本来のポルカの可愛さ減。
でも元気一杯のその姿、裏通路を明るく
してくれました。
同じ花壇で
5月初旬、クレマのH・F・ヤングも咲いてくれました。
写真の奥、ステップに沿って2006年に植え込んだ植物が元気に育っています。
ホスタも今年は大きくなってきました。
アスチルベも綺麗に咲き出していますよ。
最初あんなに日当たりが悪いと思っていた
裏通路。
花が咲かなくとも緑だけでいい、と植えた
サツキでしたが
しっかりと蕾を持って咲いてくれそうです。
昨年から山椒も育っています。
お友達からいただきました。
時々お料理に使ってます^^
2008.5.27撮影
2008.5.10撮影
楽しみにしていたクレマチス「テッセン」の一画。
誘引のためのトレリスは覆い尽くされ花がぎょうさん咲きました。
でも思いがけず、半数以上の花がコンクリート側を向いて
咲いてしまいました。
このままにするか、移設するか、検討中。
そして2008年6月1日、主人にアーチを建ててもらいました。
ここへ昨年冬に移設したパット・オースチンを絡ませる予定です。
外からは誰も見れない家族だけの裏通路。
バラでいっぱいになりつつあります。
設置前
設置後
移設して養生中のパット・オースチン
やっと新芽が育ちだしました。
パット・オースチンを植えた場所はこんなふうになっています。
物干しの方から物置にかけて、40cmx2〜3m位の場所なんですが。


私はよくこの物置の前で花を植え替えたりします。
その時出る使い古した土の処分に困り、腐葉土や堆肥を混ぜて
この場所に捨てておいたのです(^-^;)ゞ

それがだんだん積み重なって・・・崩れてしまうと困るので
花壇用のブロックで囲みました。


そしたらなんだか見栄えが良くなって(笑)
新しい花壇の誕生となりました。

ここはポールズ・ヒマラヤンムスクや名称不明のバラが根付いている
場所でもあります。