2014年の手作り記録         ミルキースカイのひとりごと

●コースター ●糸巻掛け ●2014.2.8 古帯バッグ ●2014.2.7 ビーズの缶飾り
●2014.2.18 蚤の市寄付用作品 ●2014.8.3 手描きプレート等 ●2014.8.26 シミ隠しアプリケ
●2014.11.5 小さなクリスマスタペストリー ●2014.11.6 小さなクリスマスの…2 ●2014.12.14 初めてのパッチワークキルト
●2014.12.23 帯のテーブルランナー ●2014.12.31帯のランナー② ●2014.12.31 手編みのバッグ


***** 2014.12.31UP 手編みのバッグ *****


これまた蚤の市で売れ残りの毛糸、純毛でいい色です!
私が買っていましたが、今回バッグを編んでみました。
底は細編み、立ち上がりは松編み(裏編みです)、持ち手や上の方は細編みです。
(つけてるバッグアクセサリーは買ったものです。)


コロコロつなぎのバッグアクセサリー、南米のものらしいですが
とても綺麗で何につけても似合う感じです。



手編みのバッグもなかなか使いやすくて、お買い物なんかに重宝です。
内袋をつけていませんが、伸びるわけでもなさそうです。


***** 帯のランナー② *****
玄関用に作りました。


お正月に間に合わせたいな~、とクリスマス直後に製作。
これも裏芯をアイロンで貼りつけて単衣仕立てです。



やっぱりお正月にぴったり!
この羊さんは陶芸の清野先生の作品です。
その年の干支生まれの人だけいただけるの^^vラッキー♪



ピンクの帯のおかげで玄関が華やかになりました^^


***** 帯のテーブルランナー *****

チャリティ蚤の市でどうしても売れない帯!
素敵なのに売れないなぁ~、と…とうとう私がお買い上げ(笑)
お正月に向けてテーブルランナーにすることにしました。

まずは帯をほどいて分解!
 
刺繍の裏打ちがしてあったと思われますが、もう溶けて(?)綿みたいになってました。
それを取り除いてお洗濯。手洗いモードで洗って干しました。
刺繍の糸が裏で切れるので、裏側に裏芯をアイロンで貼って

これでしっかりしました^^

作るにあたってパッチワークの上手なKさん(以前彼女の作品を載せたことがあります)に
電話で相談。
「総裏が一番だけど、デパートで見たら
一枚のまま端を一度折りでミシン仕上げで売ってるのもあったわよ」
とお聞きして、それなら私でも出来るな!と力を得てその仕上げにしました。

でも…実はその後たまたまお店で帯のテーブルランナーを売ってるのを見てね
それは総裏で幅も狭く両端が三角になっていてカッコ良かったの。
それを真似しようとしたのですが、やはり裏も同じ素材じゃないと
洗いを重ねていく場合収縮度が違ってダメになるでしょう?
裏にするほど残りの生地がないので断念。

で、出来あがり!


いい感じ!ミシン仕上げだけど我が家には充分かな?


明るい薔薇色がテーブルを明るくするし、お目出度い感じでしょ^^


裏芯がはがれないように、ところどころハンドフリーでラインがけしています。


作って良かった!

テーブルクロスをラフな感じにすると


またちょっと違った感じで使えます。
これならお正月だけじゃなく気楽に時々使えそう(*^ー゚)v ブイ♪



***** 初めてのパッチワークキルト *****
初めて手縫いでパッチワークキルトの作品を作りました。
見よう見まねというか自己流ですが…^^;
パッチワークキルトの本を沢山手に入れたのでそれを見て少しづつ勉強してます。



1m角位の大きさです。

♡を縫いつけたパーツを作りだしたのが11月初旬。


♡の生地は古い着物をほどいて洗ったものです。
蚤の市で売りだしたのですが買い手がつかず(~_~;)一部作品にして売り
その残り生地を買い取りました。

パーツを夜テレビを見ながらチクチク縫って


16枚作って縫い合わせ、枠の布を縫い付けて(ここはミシン)
そのまた外側に広めの枠を考えている場面です。


幅広の枠も付けて四方の角にレース地の服を再利用して縫いつけたところです。

今回は糊付けしないキルト綿を使って


仕付け糸をして、センターから外側にチクチクとキルティング。
前に何か作った時にキルトのお友達から「センターから外側に縫う」と
教えていただいたのが生きてます^^



縫う場所、いっぱいあるね~
ここからが長かった!でもこの辺りが一番楽しいかも♪


それぞれのパーツにちょっとだけ刺繍の真似ごとをして(^-^;)ゞ
いろんなステッチ方法を知らなくて、これも本を見て「こんな感じかな?」ってやってます。
下手でも何か縫ってあればなんとなく可愛い^^


そして♡の際を縫うとぷっくり模様が浮き上がって
これまた楽しい^^
本によると「落とし込み」っていうそうですね。



同じ生地でも切り取る場所によって模様や色が変って
和の布は楽しいなぁと思いました。
縮緬なのでますますいい感じです。



あちこち縫って、枠も縫って、洗って乾かして、やっと出来あがり♪



次はもうちょっと小さくて細長いのを作ろうかな。


***** 小さなクリスマスの…その2 *****
さてさて、手作りのクリスマスグッズ。



今度は額入りで仕上げました。

サンタさんの絵柄の布には、いろんなサンタさんが入ってるので
今度はどのサンタさんにしようかな~って選ぶのも楽しい!



ちょこっと刺繍を入れると可愛いってことに目覚めて(^m-)




小さな葉も別作りして縫いつけました


***** 小さなクリスマスタペストリー *****



小さな額絵のような、なんちゃってパッチワークキルト^^;
赤いギンガムチェックは古いブラウスを使いました。
去年、日暮里でサンタクロースの絵柄の布を買ってあったので
今年はそれを利用して色々出来そうです。



裏布にキルト芯をアイロンで貼りつけて、絵柄の一部をチクチク縫って
ギンガムチェックの部分に赤い糸でばってんマークの刺繍をして



ビーズやフェルトボールを縫いつけて、刺繍して♪
やりだすと限りなく楽しい!



とりあえず玄関の壁のリースの真ん中にセット。
う~~ん、どうかな~。。。。
クリスマスが近づいてきたら、もっと別の場所に飾りましょう。
ちなみに裏側にピンを留めるための紐を、両サイドに付けてます。


****** シミ隠しアプリケ *****

ひさびさにジャンクウェアリメイキング!
気に入って良く履いていたキュロットスカートにシミが出来ていて
さすがにもうこれじゃ着れないな~って。
以前本でそういうのを刺繍で隠してステキになさっているのを見たことがあります。
刺繍は自信がないのでアプリケにしました。



材料は花のモチーフが繋がったレース。



一枚づつ花の形に切り取って



シミを隠すように乗せて縫いつけました。

小さなシミがいっぱいあったので、結構な作業でしたわ(笑)
こんなふうに顔のシミもペタンと隠せたらいいのにね?なんて思いながら。



出来ました。一度洗ったの。そしたら少しアプリケが縮んだみたいよ。
最初にレースを一度洗えば良かったね(^-^;)ゞ
でも、ま、OK♪



こんな感じ。
ガーゼみたいな素材で裏布もガーゼなので、とても爽やかな着心地なの。
それが手放せない理由よ。
これでもうちょっと普段着に活躍してくれそうです。


****** 蚤の市寄付用作品 ******
2014.8.3
またまた端材利用の絵プレート製作♪


板にペンキの下地。下書きは鉛筆。彩色はアクリル絵具。
ニス3回塗り仕上げ。


板にペンキ塗り。下書きは鉛筆。彩色はアクリル絵具。
デコパージュを真似て英字新聞の切り抜きを貼り、ニス3回塗り。
使っているニスはデコパージュも出来るニスです。
2月に作ったプレートは水彩ペンで下書きしました。
するとニスを塗った時それが滲んだので(それはそれで味がありますが)
今回は鉛筆でやってみました。(滲みません)


****** 蚤の市寄付用作品 ******
2014.2.18

なんだかもうジャンクウェアではなくなってきました(^-^;)ゞ
Handmade作品のオンパレードという記録か?!


男の子・女の子のペアのベア(だじゃれではなーい)に帽子と洋服を編みました。


100円ショップで買った石粉粘土で小さな家を作りました。
いろいろ試したけど、結局包丁で切ったのが一番簡単なのにカッコ良かった(笑)。
絵具で色をつけたり、マニキュアで塗ったり。


板の端材を利用して絵プレート製作。
これは油絵用の下地材を塗って、それからアクリル絵具で絵を描きました。
その後ニスを3回ほど重ね塗りしてあります。


オリーブの絵のプレートは何枚も描きました。
ご注文いただくたびに嬉しくてセッセセッセと(笑)。
注文してくださった皆様、ありがとうございました。


端材利用なので、小さなものあり大きなものあり。
オリーブはギリシャかぶれの名残です^m^

④と⑤が最後の頃の作品で、なんとなく描き慣れて来てますよね(^-^;)ゞ


オレンジもギリシャかぶれ(笑)。
街路樹としてアテネの街になっていたオレンジが印象深くて。
これは売れ残って我が家の庭で活躍中。

色がとても綺麗で自分では気に入っています。
でもMy gardenの文字が下手だったね^^;


ちょうど庭で咲いたモンタナをモデルに描いた一枚。



****** キルト芯入りコースター ******

今までの残り布や端切れを利用して可愛いコースターを作っています。
アップリケを縫いつけたりフリーハンドでステッチを入れたりしました。


布の裏側はキルト芯をつけてあります。




裏地も可愛いんですよ^^
別の作品ですが、こんな感じです。
 



パッチワーク風のも作りました。
  

こちらはスパンコールも縫いつけました。

可愛いでしょ♪

同じような、でもちょっと違えて2~3枚づつ作ってます。
あ!あれの残り布ね!って分かる人もいるかも?(^m^)
蚤の市出品用です。売れ残ったら自宅用(笑)。


****** 糸巻き掛け ******

昨年、ネットのお友達から沢山の糸をいただきました。
それはそれは多種類の色の絹糸で、もう私には宝物です。
ずっとそれを飾りながら収納したくて計画していました。

本当は糸巻きを掛ける部分を木軸にしたかったのですが
ちょうどいい材料が見つからず、仕方ないので釘のような物で我慢しました。



壁に固定しようかな~とも思いましたが、
家具のレイアウトを変えることもありうるので
とりあえずミシンの机の上に立ててあります。

頂いた糸を全部仕舞えたわけじゃなく



まだこんなに在庫があります^^

様々な色が嬉しくて、嬉しくて
これからまた頑張って蚤の市へ寄付できる小物を作りたいと思っています。
ありがとう!!


******** 2014.2.8 古帯からメンズバッグ *******

以前ほどいた古い帯からメンズバッグを作ってみました。
和布が大好きな娘の彼に数年前にバッグを作ったのですが
気に入って使ってくれて、今はもうかなり傷んできたとのこと。
今度はA4サイズの本が入る程度の大きさです。

 

帯の表生地と、黒いのは帯の中に入っていた芯地です。
帯が朱色系で女性的な感じなので金具をくっつけてみました。
バッグのベルトをつける部分はしっかり縫います。


 

赤い刺し子糸で押さえも兼ねて飾り縫い。
布は古いものでほつれかけた部分もありますが、裏布も使うので大丈夫。
こんな部分こそ古布の歴史の一つと大事にします。


 

表地の裏には厚手の芯地を接着してあります。
黒い布はほつれやすいので、しっかりまつりました。
ちなみにベルトは古くて使わなくなったバッグから再利用^^;
これでバッグの表面が完成です。

同じように裏袋を縫って、表裏を合わせて縫い
ひっくり返して押さえ縫いしたら出来あがり!



こんな感じに出来あがり。



楓さんからいただいた打具付きのジーンズボタンも使ってみました。




前回作ったメンズバッグは吊り下げる部分がボロボロになってきたので
今回はしっかり幅広にして留めました。



もちろん使い勝手もいいようにポケットは外にも中にも大きく付けてあります。
帯地が程良い厚みで、どっしりしてて良いなって思いました。



******* 2014.2.7 空き缶多肉鉢にビーズ飾り *******

多肉を植えこんだ空き缶は、そのままでも雰囲気あるんですけど
沢山ビーズがあるのでデコってみました^^

<Before>


AFTER ↓ ↓ ↓


ちょっと可愛い??(笑)



楽しいよ^^



*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
以前のリメイク記事は→ジャンクウェアリメイキング2013
もっと前のは →milkyのジャンク・ウェアー・リメイキング2011
さらに昔のは→2010ジャンク・ウェアー・リメイキング
最初のは→milkyのジャンク・ウェアー・リメイキング
どうもありがとう♪