ではでは、パーゴラを歩いてるヒナちゃんを動画でごらんあれ^^

この後、居心地の良さそうな枝ぶりのところで、ずっとおとなしくしています。
木漏れ日が気持ちよさそう。
主人はさっそくヒナのための餌を買ってきました^^
去年のヒナたちは暫くデッキで餌をついばんだりしていたので、それを期待しているようです。
今年のヒナは一人っ子で育ちもいいので、どうでしょう。
デッキで暮らしてくれるといいな。

2010.5.29 ヒナ見えました!!

ずーっと付きっきりでヒナを守っていた親鳥が、やっと今日少しの間離れました。
やった〜!!と急いで脚立をセットして、最上段まで登って、
中を覗くと…!
えっ?!なんだか一羽しか見えない。。。。小さなカメラを近くにやってパチリ!
でもやっぱり一羽? もう一羽はどうしたんだろう?
落ちた気配もないし。

もう一度、方向を変えて、カメラを挿しこみパチリ!

今年もキジバトがモッコウバラを巣に選んでくれました。
また可愛いヒナが孵って無事巣立ってくれますように! 連載します。

キジバト日記2010


※バナーはイタリアからボンジョルノのKeikoさんが作ってくださいました。
※イラストはからお借りしています。
鳩さん、今年も
ほんとうにありがとう!

ヒナちゃん、すっかり大きくなって、どう考えても飛んでいいはずなのに
昨日も一日じっとしてました。
枝がかぶさってるので、飛ぶ練習が出来ないのか???
去年はあんなに飛行訓練をさせていた親鳥もさっぱり誘おうとしないし。。。

で、今朝「様子見てみようかな?」なんて覗きにいったら
ヒナちゃん、飛びました!!
まずはデッキに・・・「あっ、飛んだ!」といった瞬間
また飛んで、しかも力強くて、そのまま裏山まで飛んでっちゃいました。。。。


がーーーーーん!!!



写真に姿は写っていません。。。
まいったな〜、悪いことしちゃった。
いきなりあんなに飛ぶとは。。。 裏山にいてくれれば、親バトが呼んだ時わかると思うんですが。
あんなに飛べても餌の取り方をしらないでしょう?
鳩のお父さん、早く来て呼んでくれないかなぁ。

主人が「余計なことするから。これで巣立ちだな」って。
今年の鳩日記はこれで終了か?!

どうか親バトと会えますように。
鳩は巣立ってから暫くは親子の期間があるはずですから、それ無しでは困るんです。
本当に悪いことしちゃった。
去年のヒナたちみたいには人間に慣れていなかったんだね。

長いこと、この日記にお付き合いくださった皆様、こんな結果でごめんなさい。
もしヒナちゃん親子の姿を見つけたら、また追記しますね。


ありがとうございました。

やった〜(*゚v゚*)♪"
最初の一歩はまず巣から出てみたんだね!
枝が上に茂っているので、羽を大きく広げられないんです。
良かった、とりあえずここなら安心。

今朝のヒナちゃん。イッチョマイでしょう?羽根を広げたり、尾羽をくちばしで繕ったりするんですよ。
もう座ってなくて、ちゃんと足で立ってます。

前に心配していろいろ検索した時、ヒナを保護した方が「お腹が空くとピィピィ鳴いて餌をねだる」って書いていらっしゃいました。
鳴くんですね!?どんな鳴き方なのか聞いてみたいけど、非常事態じゃないと鳴かないのかなぁ。
我が家では2年間、ヒナの鳴き声は聞いたことがないんですもん。そういうのって不思議!
それにしてもヒナちゃん、めっちゃカワイイ〜

2010.6.4 なんだかもうイッチョマイ

昨日は午後2時半頃、親バトが夫婦そろって現れました。
お父さん鳩が電線にとまって巣を見張りながらボッボボッボボーと鳴き
「きたきた〜♪」とみていると、お母さん鳩がデッキにやってきて給餌しました。
ヒナちゃんは羽根を広げて身体を揺らして大興奮!
「はやくはやく〜、お腹すいたよ〜〜」って身体で表現しています。

給餌が終わるとお母さん鳩はするりと飛んで公園へ、それを見てお父さん鳩も電線から
すっと後を追いました。
本当に鳩の夫婦って仲良しですね〜^^

今朝のヒナちゃん。
羽根がしっかりしてきました。
巣立ちまで、あと3,4日?!
大人しい子なので、たぶん女の子だと
私は思っています^^


今日は11時頃にも親バトが給餌にきました。良かった。

2010.6.2 なんかヘン?!

お〜い、鳩さ〜〜ん、早くミルクやってくれ〜!
鳩の声はしないかと、そわそわしていましたが
やっと7時頃、親バトの姿が見えました!
朝、ひっそりとした巣を覗くのが怖く、主人に「生きてるのかなぁ」と。
「大丈夫、動いてるよ」
そっと覗くと、ヒナがこちらを向きました。
とりあえず良かった!昨夜は寒かったんですよ、心配でした。

5月31日朝のヒナ

夜は母親と一緒だったので
朝は元気でした。
模様のある羽根が広がってきました。

そして、今日は夜も親バトが帰ってきていません。
肌寒い夜なのに、しかも一羽だけで温め合う兄弟もいないのに
夜を越せるんでしょうか。
本当は保護して家にいれたい。
でも、もしかして明日親が帰ってくるのかもしれない。

そう思うと余計なことは出来ないと思うのです。

いつもの獣医さんに相談に行ってきました。
「親バトに何かあったのかなぁ」と…。
「ネットで検索したらリリースに成功した、という話が載ってました」と私。
「ネットにはいいことしか書かないからね〜、リリースしたといっても、その後生きていけたかは
はなはだ疑問でしょう」
と獣医さん。
「どうしても保護して育ててみたければ、そうしてもいいけど失敗する確率の方が高い」
「書いてあるほど簡単ではないし、野生に戻したといっても餌をとって生きていけるかどうかは
わからない、結局は自己満足なんですよ」
と続く。
「明日もしかしたら親鳥が戻ってくるかもしれないし、どちらにしても自然の営みなんだから」と獣医さん。
「でも目の前で弱って死んで行くのは嫌なんです」と私。
「捕まえられるの?」と獣医さん。「手が届くところにいるんです。」と私。
「でもね、そう簡単じゃないんだ、それでもし飛べるようになったとしたって…」と最初に戻る(苦笑)。
獣医さんの云うことは私にもわかる。
彼は獣医さんになるくらいだもの、そんな気持ちも経験も充分積んで、その上での結論だ。
私は経験を積んでない、だから諦められないし、無理なこともしたくなる。
どうすればいいんだ。

明日、もうちょっと様子を見ます。
午後になっても、まだ親の姿が見えないようだったら、県の野鳥保護課に連絡してみようと思います。
獣医さんが
「ここに相談してごらん」と、そこの電話番号をメモした紙をくださいました。

2010.5.31 親の姿が見えません、心配です。

今朝のヒナちゃん、カメラ目線! カメラを見て、去年の子たちと同じようにつついてきます。
なかなかの勢いなので、動画で撮ってみました。
可愛くて笑えますよ!

この後、お父さん鳩が来て巣に入っていったら、ヒナは同じようにくちばしで必死に
つついていました。
私、昨年は「威嚇してる」って思ってましたが、主人が云った通り「えさをねだっている」が
正解みたいですね。

さてさて鳩は、この22日あたりから
巣の中での姿勢がちょっと変わった気がします。

卵を抱いてる時はべったり寝るというか
お腹を巣の床(?)にくっつけてるんですが
少しお腹を浮かせ気味みたいなんですよ。

孵ったのかな?!
でもぜんぜん見えないしヒナの気配がしません。

この日は珍しくオスが7時半にメスと交替しました。
おや、今日は早いね!と思いました。

今朝、「おはよう!」と鳩さんに声をかけた後
何気なく見ていたら、
親バトが給餌を始めました!

「わっ!!ヒナが孵ったんだ!」\(^▽^)/ 

肉眼だと小さな黄色い姿がちらちら見えます!
でも…なにしろこんな場所なので、写真には写せません。

でもなんとなくわかる?
親バトが動いてる様子。
伸びたり縮んだりして給餌するんですよ。


もう少し大きくなったら、親バトが離れる時間があるので
その時ちょっと覗いてみようと思ってます。


いやぁ〜、楽しみだなぁ〜♪

2010.5.22 そろそろかなぁ、と待っています。

午前中、仲良く2羽で巣で身体を寄せ合っています。
グルグル…と小さな声でささやきあいながら
仲良しですね〜^^

あいかわらず激しく戦ってます。
飛んで飛んで空中でつかみあって、別れて
電線や屋根の上に着地して、にじにじ詰め寄って…。
それを繰り返しています。


面白いことに鳩たちがバトルするのを雀たちが追いかけます。
主人が見ていると、スズメは鳩が戦った時散る羽毛を集めているそうです。
雀の巣に使うのかな?!
みんな巣作りのシーズンなんですね〜

去年も他所のオスがやってきてバトルしてましたが
今年はすごく大変!
二日間は3羽で入り乱れて飛び回り、喧嘩してました。

そのバトルがあんまり激しくて、私も心配しました。


なにしろ朝2羽で現れて、少し場所にこもったかと思うと
別の鳩がやってくるので、オスはすぐに戦闘態勢に。


私が庭でのんきに花の写真なんか撮ってる頭上すれすれに
鳩がすわーーーっと飛んでいきます。

屋根の上では「わさわさわさっ」と羽音がするし
ぼっぼぼっボッボー、ブゥ!がひっきりなし。


飛ぶわ、飛ぶわ、見とれました。

写真はかなり長い時間バトルして、モッコウバラに戻り
息を整えているオスバト。

2階の窓からだと、すぐそこに見えます。
鳩も息切れするんですね〜、喘いでましたよ。

がんばれ、鳩さん!!

2010.5.3 その後鳩さん苦戦!

2010.6.6 一歩外へ!

町内会の一斉清掃から帰ってきた主人が「おっ!巣から出てるぞ!」と。
あわててカメラを手に持って撮影〜!

はぁ〜、良かった〜。。。給餌中!

昨日、余計な手出しをしなくて良かった。まじ疲れる。
子育ての時も、このじっと待つ、手出ししない、というのが一番辛かったんだわ。
キジバトの子育てで、こんな思いをするとはね(((。^_^A

それにしても、鳩さん、少し手抜きすぎませんか〜?
去年はまだこの位の大きさの時はひっついていたでしょう?!

給餌はものの1分で、さっさと親はいなくなりました。
ま、とりあえず育児放棄してないことがわかったのでホッとしました。

去年、初めてキジバトが我が家に現れたのは4月20日頃でした。
今年はなかなか声も聞こえなくてダメかな〜と思っていました。

4月25日頃から、裏庭とお隣の間あたりで、二羽のキジバトが地面を歩いているのを
見かけるようになり、4月30日、家の前の電線に止まって「ボッボボッボボー」と
あの歌を歌い出しました。

いよいよ姿を見せて、縄張りを主張した鳩さん、お久しぶり〜〜!待ってたよ〜♪

2010.6.11
追記の追記 *********

毎日、なんとなくキジバトたちの気配がします。
公園の木の中で鳴いていたり、わさわさっと羽音が聞こえたり。
今朝も父鳩がいつものように鳴き始めると、公園の木の中からバタバタっと飛んで出たキジバトがいました。
鳴き声のする木の中に飛び込んで行った、あの姿はきっとヒナちゃんかな、と思って見ていました。

この日記の終りに、ネットのお友達から色々なコメントをいただき幸せでした。
その中で特に心に残ったコメントを二つ。


清水のりさんより:

子育ては我が子もペットも、心配が絶えないわね
夕べの食卓での夫との会話の中 「親」という漢字の成り立ちは 「木」のところからジット子供を見ているってことなんだって
ハトさんの事があるから妙に納得しちゃって、久しぶりに夫の口からでた有意義な言葉でしたよ(笑い)



蘭吉さんより
milkyさん、ハトは元々野生のモノ♪
人間に慣れさせるコトは無理っ!
心配無用♪♪


みなさん、どうもありがとう!
では、またね(^-^)ノ

2010.6.9
そして今朝

朝5時ちょっと前、父鳩がやってきて鳴き出しました。
去年もこうやって巣から飛び出たばかりのヒナたちに集合をかけていました。
どうだろう?ヒナちゃん、来るかな?
とにかくちゃんと姿を確認しないと心配で心配で。

父鳩が鳴いては辺りを見回し、鳴いては見回し、を繰り返しています。
どうしたんだろう?やっぱりいないのか?
すると鳴き声が終わって、静かになって・・・どうした?と見るとヒナちゃんが父鳩のそばに来て
電線に仲良くとまってました!



左の少し小さいのがヒナちゃん、右の大きいのがお父さんバトです。



巣の中にいた時も随分大きくなってきていましたから、飛翔力は充分ついていて
姿もイッチョマイで親バトと並ばないと小さいのがわかりません。

ああ、良かった!
鳩さん、本当に立派です!

キジバトの子育ては空に移りました。

あと数日は家のまわりで父鳩の「集合〜!」の声が聞こえるでしょう。


見てくださった方々にも私のせいでご心配をおかけしました。
今年のキジバトさん達の子育ても成功!
親バトの姿に感動の今朝でした。


2010.6.8
追記 父鳩

昨日、朝7時頃、父鳩がいつものようにデッキに現れました。
子供の姿が見当たらなくて首をかしげ、それから向かい側の電線にとまって鳴きました。
しばらくあちこちに移動しながら呼んでいました。
会えるといいな、ヒナちゃん、お父さんの声で飛んでくるといいな、と
張り裂けるような気持ちで見ていました。
しかし、会えたのかどうか不明。

子供を確認できたなら、きっと午後も餌を与えに来るはずだ、それを待とう、と思いました。


そして午後2時半〜3時、いつもの時間です。
父鳩がまた現れて「ぼっぼぼっぼぼー」と鳴きました。
電線にとまって、それから電柱のてっぺんにとまって繰り返し呼んでは周りを見回します。
私も庭からずっとその様子を見ていました。
きっとヒナが現れるはず、祈るような気持ちでした。

すると私の後方から「バタバタバタ!」とやけに大きな羽音。
お隣の壁と茂った桃やプルーンの木の間に飛び込み、着地する場所がなくてワサワサ焦ってました。
ヒナちゃんです!

いた、いたいた!いたーーっ!

父鳩もその茂みに突っ込んで行って、どうやら餌を与えたようでした。


でもその後、また父鳩が探しています。
ずっと鳴き続けて捜索中。

 

どうしたんだろう?さっきのはヒナちゃんじゃなかったのか??
幻だったのか、見間違いだったのか?!・・・だんだん私も不安になりました。

父鳩はずっと探していました。夕方でしたから寝る場所を教えたかったのかも。
電線に止まり、電柱にとまり、ウチの庭を低空飛行し、裏山へ行き、また戻って屋根の一番上にとまり
そうやって鳴いて呼び続けていました。
デッキにも戻って、ボッボボッボボーと何度も。



その姿に、人間と変わらない親の愛情を感じて、自分の責任の重さに押しつぶされそうな気持でいました。
鳩さん、ごめんね、ほんとにごめんね。

この日の捜索はそのまま終わりました。

でもあのヒナの姿が幻じゃなかったのなら、明日の朝も父鳩が来るはず。
半泣きの気持ちで夜となりました。しかも夜は雨でした。。。

2010.6.8 まいった。。。

午後、お父さん鳩が電線に来て鳴きました。
ヒナちゃん、そわそわして巣の中で歩いてました。
「どうしよう、飛んで来いっていってるのかな?」って焦ってます。
去年のヒナたちも同じ仕草で悩んでいたのを思い出します。
明日あたり、飛ぶかもしれません。

2010.6.5 そろそろ飛ぶ練習かな?

ヒナちゃんは産毛がほとんど無くなって、巣に立っていると親鳥が来たのかと見間違うほどになりました。
親鳥が来るとバタバタ大騒ぎで餌をもらってます。
そろそろ飛ぶ練習を始めるころじゃないかなぁ、と思います。
時々、飛びたそうな様子をしていますが、まだ羽根をバタバタするところまではいってません。
場所が場所なので、いったい初飛行はどうする気なのか?こちらも気が気じゃありません。
去年はアーチの天辺だったので、デッキの中に飛んで降りました。
今年のヒナちゃんはデッキの屋根のような柱の上ですからね〜
どないするん???? 動画を撮りました。ヒナちゃんが「ふっ、ふっ!」と云っているの聞こえるかな?
あれは威嚇でしょうか?



今朝のヒナちゃん。
目が大きくて可愛い子です。
羽根がしっかりしてきました!

カメラを近づけても食いついてこないので、お腹いっぱいなのかな?と思いました。
ビデオを撮りました。
それでなんとなくわかったんですけど、鳩胸の辺り、そのうと言って食べ物を消化のために溜める場所らしいんですが
そこが膨れてればお腹いっぱい、ということらしいです。
ビデオで見たら、たしかにいっぱい入ってそう。
私が知らないうちに親鳥が来てるのかな?…そうみたいですよね?




昼間になるとヒナちゃんは、ずいぶんイッチョマイになった感じで、頭をあげて巣に座って羽根繕いなんか始めました。
成長速度が速い!!

2010.6.3 すくすく成長中

昨日は午後12時過ぎまでに3回も親がやってきて給餌していました。
お母さん鳩も来ました。
メスは鳴かずにそっと来ます。オスと違う場所にとまって、ちょっと違う方法で巣に入るのでわかります。
や〜、良かった、これなら安心だ!と思いました。
いったいあの鳴き声すらしないと心配した日はなんだったんだろう?!

で・・・・なぜか今日も・・・・鳴き声一つ聞こえません。ぼっぼっぼっぼぼーはいずこへ?????

今回の子育ての様子は昨年とだいぶ違ってます。
心配したせいもあって、キジバトの生態について検索しまくりです。
鳩全体が出てきて、面白いことがいろいろわかりました。

キジバトの赤ちゃんも孵ったばかりは小さくて裸ん坊に近い状態、目も開いてないし
黄色いヒナ独特の羽毛がぽよぽよ生えてるわけです。
去年、初めてヒナを見れた時は、まだ黄色い産毛が残ってました。

孵って5日目位までは親はヒナを身体の下に隠して温めながらビジョンミルクを何度も与えるそうです。
なんだか姿勢が違う、下を向いて時々もぞもぞしてる、と思ったのがそれですね。
今年、初めてヒナをカメラに収めたのはたぶん孵化して8日目くらいですね。

ヒナが孵って5日くらいはビジョンミルクが与えられ、その後だんだん親が食べる種子なども混ざり
10日目ころにはビジョンミルクは出なくなるそうです。

そしてこの頃になると、
親鳥が別の卵を産んで温め始めることがあるんですって!(「鳩」としての記録より)
「最初のヒナが巣立つ前に次の繁殖を始め、育雛と抱卵を同時に進めることができる」のだそうです。
(※以上は鳩についての記載ですので、キジバトにもあてはまるのかどうかは分かりません。)


もしかしてこれか?!キジバトも同じでしょうか?!

というのはオス鳩が公園の北の方のお宅の前でしきりに鳴いているんです。
で、朝一回、7時15分前後にこちらに来て給餌をします。
その後はまた公園の北側に向かうんです。

去年はウチの前の電線に良く止まって巣を見張ってました。
この給餌の回数や飛来してくる回数の少なさ、去年とはぜんぜん勝手が違います。

2010.6.1 ミルク飲んだ後のヒナちゃん。

2010.6.1 昨夜は心配で良く眠れませんでした

昨日朝はお父さん鳩がいつものように鳴いて合図して給餌にきていました。
昨年の経験だと、一日数回は給餌に現れるはずです。
でも昨日はその後、お父さん鳩の鳴き声すらしなくなりました。
ずっと心配していました。
夕方、お母さん鳩と交替するのは3時半ころ。でもお母さん鳩も現れません。
主人と心配していると、日が暮れる寸前、6時過ぎにおずおずと母鳩が帰ってきました。
「あ〜、良かった」と安心しました。

でも、今朝起きてくると、すでに母鳩の姿は見えなくなっていました。
毎朝オスバトの「ぼっぼっぼっぼぼー」の声が聞こえるのに、
今朝はなんの鳴き声もしません。
お父さん鳩に何かあったんでしょうか?
今日、お昼頃出社するまで、ずっと巣のことを気にかけていましたが、
親バトは現れませんでした。

一羽だけなので、ビジョンミルクもたっぷり貰えるし育ちは順調。
親鳥も、残りの卵を諦めたせいか、すっかりお留守が多くなりました。
今朝も8時半ころ食事を与えにやって来て、しばらくは一緒にいましたが
そのうちまた留守になりました。

2010.5.30 親の留守が多くなりました!

あーーっ!! 一個は卵のままです!
こんなこともあるんですね〜。。。もう孵らないですよね?
親バトが今年はずっと付きっきりだったのは、もう一個が孵らないから
きっと抱き続けていたんですね。
今日、離れたのは「もうダメだ」って諦めたからなのかな。
残念です。

でも孵ったヒナは元気いっぱい。もう羽毛の色が黒くなってきています。
カワイイ子ですよ^^ もう一羽の分まで元気に育ってね。

今朝は7時半に交替。 オスバトがいつものように鳴いてやってきました。
昨日雨がかなり降っていたので、早めに交替なのかな?
まだヒナが生まれたてで小さいせいか一瞬も隙をみせません(((。^_^A
メスバトが巣から出て、すかさずオスバトが巣に入ります。

去年ヒナの姿をカメラでとらえたのは、親バトが一瞬留守の時でした。
あれはもう大きくなっていたからなんですね。

肉眼で下から見ると、小さな黄色いふわふわが見えます。
あれがヒナだなぁ、早く見たいなぁ。実は親バトの隙をついて撮影しようとデッキに脚立を立ててあるんです(笑)。

今、3時。 メスバトが帰って来て交替しました。
オスは巣にこもっていても、時々ボッボボッボボーと鳴きます。
ヒナに声を教えているのかな?

ヒナは絶対鳴きません。まるで声がないかのようなんです。
昨年も一度も声を出しませんでした。

スズメのヒナなんかピーピー良く鳴くのにね?
鳩のヒナは絶対鳴かない。 鳴かないから見つかりにくい。 だからちゃんと育つ確率が高い。 だから卵は2個。
その内訳はオスとメス、必ず一羽ずつ。自然の決まりはすごいなぁ!と感嘆します。

2010.5.25 なかなか守りが堅い両親たち

「ねぇねぇ、この鳩ってなに?」と若い友人

自治会の役員で去年仲良くなった私より10歳ほど若いお友達がやってきて
鳩の巣を見上げながら
「ねぇねぇ、この鳩ってなに?」
「えっ?キジバトよ」 彼女「これって飼ってるの?」
「飼ってなくて、野生の」 彼女「えーーっ、野生のなの?勝手にここに来たの?餌やらなくていいの?!」って。
いいな、いいな、餌やらなくてもここにくるんだぁ〜、っていう彼女と大笑いでした。
ご近所に伝書鳩を飼ってるお宅があるらしく、彼女鳩はそういうもんだと思ってたらしいです。

私も2回目の経験なので、去年よりかなり余裕で見守っていられます。
今年は台風みたいな日もないし、場所が昨年より安定しているのもいいですね。



毎朝、オスバトのボッボッボッボボーの声がして「あぁ、今日も元気だなぁ」と安心します。
どちらかのサイトに書いてありましたが、若いオスはまだ上手に鳴けないんですって。
聞いてると下手でわかるそうですが、我が家でも、その若いオスの下手な鳴き声が聞こえます^^
いかにも練習中って感じなんですよ。

去年と同じでオスは8時〜8時半に巣に戻ってきます。
その時は静かに「ぼっぼー」って鳴きます。
メスは「ぐぅ」って返事します。そしてメスが飛び立っていく時、「ぶぅ」って云います。

きじ鳩の「ぶぅ」は喧嘩する時だけじゃないんですよね。いろんな場面でオスもメスも使ってるみたい。
「ただいま」とか「おかえり」とか「じゃ、たのむね」とか、みんな「ぶぅ」
「おまえ、いいかげんにしろよ」「ばかっ」なんてのも「ぶぅ!」(笑)
キジバトたちの様子も毎日一緒に暮らすように見ていると、家族みたいな気持になるもんです。

ちなみにメスは毎日3時~3時半に交替に戻ってきます。

キジバトの抱卵期間はほぼ2週間だそうです。
15日〜17日くらいだそうで、そうすると5月22日〜24日頃には
ヒナに会えるかもしれません。

無事にヒナがかえりますように!

2010.5.9 昨日はパーティでした。

昨日は花の仲間&先輩たちとのパーティでした。バーベキューや鮎焼きは玄関先ですることとし
鳩をあまり刺激しないようしましたが、全部で10名での楽しい一日。
もちろんデッキでの語らいも賑やかでした。
でも鳩さん、卵を抱き出せば強いもんですよね。ちゃんと抱いてました。
今朝もいつも通り、たいしたもんですね!


巣にメスがいます。

もうバトルは無くなりました。別のオスバトは諦めたようです。
写真は2階のベランダから撮りました。
オスは棚枠に止まって巣のある近くに寄っていき、中に潜ります。
メスが巣にいる時間が増えたようです。

オスとメス、仕事の分担

巣の候補地を探すのはオスで
それにOKを出すのはメスなんですって。
メスが「ここでいいわ」って決めると
そこにうずくまってジッとしてるそうです。

枝を咥えてくるのはオスの仕事
メスは巣で待って、枝を受取り組み合わせて
巣を作る仕事。

朝はオスは電線に現れて
まずはボッボボッボボーとテリトリー主張。

キジバトのテリトリーは150m四方なんだそうです。

そのうちメスも現れて、二羽でがさがさごそごそ。
去年営巣したアーチの場所に飛び込もうと試しましたが
今年は枝の具合が不都合らしく、着地できないようでした。

で、結局、拡張した部分の棚の上に決めた様子です。

白モッコウの枝と棚の木材の間ですよ。
こんな狭い場所で平気なんだ?!

ここだと去年のようにヒナのビデオは撮れないかもなぁ、
なんて思いました(^。^)ゞ

しばらくするとオスがデッキの手摺に!
デッキを少し拡張して
去年と少し勝手が違っているので
どうしようか、と思ってる様子。

窓の上の屋根にとまってみたり
いろんな方向からチェックしてました。

とにもかくにも、とりあえず今朝も給餌に現れました。いつもの声で鳴いて来ましたから、お父さん鳩のほうです。
お母さん鳩のほうはさっぱり見かけないけど、どうしたんだろう?

ヒナは親鳥を待ちに待っているので、もう羽根を広げバタバタしながら餌をもらっていました。
親鳥が去ろうとすると追いかけようとするように羽根をばたつかせて、これは要注意かも。
今年のヒナは飛翔力がつかないうちに巣から落ちる可能性が高そうです。

2010.5.7 卵を抱いているようです。

もしかしたら昨日からかもしれません。今日はずっと巣にいます。
卵を抱き始めたのだと思います。

2010.5.6 ようやく落ち着きました。

2010.5.5 バトルは少し短めになりました。

2010.5.4 バトルは続く!

2010.5.23 ヒナ確認!!