5月17日


ちょっと油断してたら、今朝可愛く咲き出していました!

めっちゃカワイイ〜〜〜!
やっぱりカワイイ!!

可愛いレオナルド君!

つるバラ
レオナルド・ダ・ヴィンチの育成記録
ある日主人が小さな処分品のバラ苗を買ってきました。
1年苗で小さな幼い姿です。
どんな花?と調べると、どうやらとっても人気のステキなつるバラの
ようですよ!

↑道路の方へ顔を向けて、可愛い^^

2012年春の開花

2011.5.31撮影

昨年、秋だったか、調子が悪そうになっていたレオナルド君。
これは変だな、と掘ってみると、土が乾ききって酷い状態でした。
水をやっても吸い込まないような土になってました。
さっそく土を改良して植え直しました。少し小高くしていたのもいけなかったようで、それも直しました。
そして今年の春の開花、思いっきり咲いてくれましたよ^^

2010.7.15 梅雨明けして真っ青な空の日でした。

2010.6.1撮影

2010年5月の開花

milky−skyのひとりごと

本当に残念なことしちゃいました。今年の大事なシュートだったのにね。
最初壺の中の水に入れましたが、そのままでは勿体無いので結局切って花瓶に。
枝の下の方は分割して挿し木してみましたが・・・着床は無理でしょうね〜?

2013年春〜*

6月6日、精一杯咲いてます。今、庭のスターです^^

2008.6.10撮影
2008.8.28撮影
レオナルド・ダ・ヴィンチ
つるバラ
フランス・メイアン社 1994年
返り咲き性

今年もベイサルシュートに恵まれました。
去年折ってしまったので、今年は早々に支えを立てて
しっかり結んでいます。

今年はバラの開花が早かったんですよ。あれよあれよと庭中のバラが咲きだしちゃって!
なんだか気忙しかったです^^;
なかなかUPできないでいましたが、写真だけは撮っておきました。
今年の可愛いレオちゃん、見てね♪

2012.6.10 ベイサルシュートが伸びて、先には沢山の蕾^^
       とっても嬉しいシュートでしたが、このあと根元からポッキリ取れてしまいました。
       可愛いお花を撮ろうと、ほんの5〜10p起こしたのですが、そのせいで((T.T; )(; T.T))おろおろ・・・

↑庭の中から見るとこんな感じでした。

見える? 脇にすっくといいシュートが伸びてるでしょう?!
期待のシュートよね(*゚v゚*)♪"ルルゥ

5月末のレオナルド君。 満開でサハラとルゴサの間で咲いてました。

これは5月25日のレオナルド君。
外を向いて咲いてます。

2011年春の開花

2010.7.13 2番花開花

2010.7.1 レオちゃん、ベイサルシュート!

株元からの太いシュート
なにより嬉しいですね〜♪

以前お友達がレオナルドの花を
「昔の西洋のバラの絵そのもの」と
私に説明してくれました。
まさしく!そんな感じです。

2010.5.30撮影

2010.5.25 撮影

2010.6.1 レオちゃん、ますます可愛く!

このバラ、2008年春、主人が衝動買いで
(名前がいいからだそうです!)
しかもたったの600円で一年苗を買ってきました。


ちいちゃな何者かわからないバラ苗。
さっそく調べると、とても人気の強健種、ステキなつるバラとわかりました。
とにかく日当たりが良くて、伸びても誘引できる場所を探し
南西側の際に植え込みました。

4月初旬、こんな小さな苗だったんですよ。
だから絶対今年は伸びるだけ、咲くのは来年って思ってました。
他のバラや植物の育っている様子をご覧になりたい方は庭ばなし・花ばなし
お話はぜひ掲示板
milky−skyのひとりごと

※イラストは赤ずきんちゃんの散・歩・道からお借りしています。
トップページに戻る
また追記しますね!

5月19日、どのバラも咲きそろって賑やかな庭でした。
レオちゃんも満開! この記録を追記する度思うのですが、最初の小さな小さな苗の写真を見ると
良くここまで大きくなった、と感慨もひとしお…親バカ気分ですね(笑)。

2010.6.4撮影

2008.6.14撮影
2008.4.8
初めて会えたレオナルド・ダ・ヴィンチのお花は
濃い目のピンク、肉質のしっかりした花びら。
なんて可愛いんでしょう!


アンティーク調と言われているのもわかりますね。
ヨーロッパの古い絵なんかに出てきそうな姿です。

雨続きの5月・6月で、雨に弱いバラたちはボーリングしたり
咲いた時すでに花びらが茶色く変色していたりさんざんなシーズンでしたが
このレオナルド君は雨続きの中、傷まずに咲き出しました。

素晴らしいですね。
どのバラも美しく咲けなくて雨が本当に恨めしかった私ですが
この子の登場に力を得ました(笑)。

育てているお友達によると花保ちもいいそうなんですよ!
2008.6.5撮影
それが、すくすく伸びてきて
5月の終わり頃、二枝の先に蕾を見つけた時には
どんなに嬉しかったことでしょう!
あんな小さな苗が、しかもつるバラが、もう蕾を持つなんて
驚きです。
そのうえ、枝の先に4〜5個の蕾。
咲いた花の姿も立派です。

噂以上の強健種かもしれませんね!

外で雨に濡れたり、日照りにあったり、寒風に晒されたり
そうやって育つのですから、「丈夫で良く花が咲く」というのは
とっても大事なことですよね^^
2008年6月・・・初めての開花!
2008年8月・・・・小さく返り咲き!
猛暑のなか、一輪小さく花を咲かせました。
葉も元気ですね〜
びっくりです。
2008.8.7撮影
お盆休みが過ぎ、少しだけ涼しくなってきました。
見てみるとレオナルド君、元気いっぱいに新芽を吹いていますよ。

写真の中の細かい葉のバラは、やはりまだ小さな黄モッコウバラです。
モッコウバラは茂るので、しかも成長の仕方がスゴイですし
レオナルド君が押されないか心配ですが、もうつるバラの場所は
ここしかないんです。

モッコウバラがあまりに茂ったら、調整しながら行きましょう。

2008.9.25・・・秋になって元気度アップです!
シュートが自然と斜めになるので
節々から新芽が芽吹いています。

とっても綺麗な新芽で見ているだけで嬉しくなります。


この先に蕾を持つんでしょうか?
秋の花を見れるかどうか、ちょっと期待しています。


2009年5月の開花

2009.5.19

今年も綺麗に咲き出しました!
2009.5.27 満開です。 雨にも負けず花の命、長いですね!

四季咲きで咲きながら育つせいか、ピエール・ドゥ・ロンサールのような凄い伸び方はしません。
じっくり育っていくようです。
でもあのちび苗が一年でここまで育ったのですから、たいしたもんですよね?




北風と西日に晒される場所ですが、なんとか頑張ってくれてますね。
やっぱりこの甘いピンク、可愛いですね〜
←去年の4月、こんなチビちゃんでした!