マツリカの話

2011.4.28撮影


2008.7.6〜2009.8.9(最終追記)
マツリカ
学名:Jasminum sambac
モクセイ科
英名, Arabian jasmine
別名:アラビアジャスミン、サンバク
アラビアからインドに分布する常緑半蔓性低木

マツリカは昨年枝をかなり短くしました。
でも元気にしていますよ^^
咲きだしたら、またUPしますね。

2011.4.29

一年記録を飛ばしてしまいました(^-^;)ゞ
昨年は越冬の時、デッキの軒下で無理させてしまったんです。
それでかなり枯れこみました。 でも一年でまた復活して今冬は室内越冬させました。
暖かくしてあげたおかげで、今年は一緒に植えてあるニオイバンマツリが早くから咲きだしています。

←これは2006年7月の写真です。

6月頃からポツリポツリと咲き出していました。

白い花の直径は1cm程度。
ときどき赤みを帯びた花も咲きます。

香りは非常に強く、甘いジャスミンの匂いです。

日当たりを好みます。
耐寒性はないので冬は室内の日当たりのいい
出窓で暮しました。
トップページに戻る
※イラストは赤ずきんちゃんの散・歩・道からお借りしています。

milky−skyのひとりごと
2005年夏の終わり頃、この花に出会いました。
ジャスミンの強い香りがして、中国ではジャスミンティーに
使うのだ、と聞きました。

2006年のこと、名前を忘れてしまって困っていましたが、
さすがネットの花友は心強い。
お二人から同じ回答をいただきました。
調べてみたらその通り。
「マツリカ」という素敵な名前がみつかりました。

2011.4.12撮影

水はけの良い用土を好む。冬は乾燥気味にし、室内で管理する。 繁殖は挿し木で、適期は6〜7月。
2006年7月の写真
←2006年7月半ば、まだこんな小さな鉢(直径12cm程度)で
 育てていました。
---→
1年後
2007年6月には支えが必要になり
朝顔用の小さな支えをあげました。
2007.6.24撮影
2006.7.19撮影
2007年の秋には大きな鉢に植替え冬には室内に保護しました。
90cmの小さなタワーを支えに用意し、似たような性質のニオイバンマツリと寄せ植えにしました。
2008年2月、蕾が育ち開花始めました。
写真奥の茶色い素焼き鉢にいるのがマツリカです。
2008.2.1撮影
外に雪が降ったりしていたこの時期に
部屋の中で甘く香るマツリカの存在はありがたかったです。

マツリカの耐寒温度は5℃〜0℃、
開花時期は5月〜10月とタグなどに書かれていますが
こうやって室内で温度と陽射しがあれば冬でも咲くんですね。
2008年春、寒さが落ち着いた頃デッキの片隅に移し3月〜5月頃ぽちぽちと開花してくれていました。
そして
7月、今度はたくさんの蕾を従えて元気に開花を始めましたよ!
←----------------これがマツリカです。
色々な鉢が寄せ集まっていて判りづらくてすみません。
マツリカはどんどん伸びて、タワーにぐるぐると誘引してあります。
花径はせいぜい1cm・・・1cmにも満たないかもしれません。
小さな花ですが香りの強さはさすがで、デッキに立つとこの花の香りが
漂っていて優しく包み込まれます。


今までは、とくに剪定はしていません。
今年は伸びそうですので、冬にはどうするか。
ぐるぐる巻きで行くか、多少剪定するか、といったところです。

花は時々ピンクっぽいものも出てくるときがあります。
初めての植物を育てる時、いつも育ててる人の話を聞きたいな、と思いました。
どんなふうに育つのか、どの位大きくなるのか、冬はどうしているのか・・・。
そんな疑問を持った時の小さな参考にでもなれば幸いです。
我が家でのマツリカのお話です。
20008.7.6撮影
今、私のマツリカはこんな具合で育っています。
冬、室内に入れてあげることくらいで、他に特に病気もせず虫にも困らず
とても育てやすい植物のように思います。

一年に何度も開花してくれることもいいですよね!
また順次その後の様子を追記したいと思っています。
***---------***----------***----------***----------***----------***----------***
追記 2008.8.7
撮影日 2008.8.6
前回の記事からちょうど一ヶ月、また花が咲き出しています。 蕾もたくさん。
冬以外はデッキに置きっぱなしです。 夏は半日陰になりますが西日だけは当たってしまいます。
それって植物には良くないですよね。 でも元気なのでなかなか強いのかもしれません。
追記 2008.8.14
お盆休みです。
暑い毎日、よく咲き続けています。
***---------***----------***----------***----------***----------***----------***
2008年9月
2008.9.6撮影のマツリカ
2009.6.17

ずっと続けて記載するつもりが、すっかりでしたね(笑)!
冬は室内に入れたのですが、今回はいつもと違う場所に置いて
陽射しが足りなかったらしく、冬の開花はありませんでした。
そして6月、ぽちぽち咲き出しています。
蕾がぎっしり!満開になるのが楽しみです。

2009.7.21

2009.6.23
ずいぶん咲き出しています。
一個終わると次の小さな蕾が育つ感じで
ゆっくり代わりばんこに咲いていくような。

爽やかな甘い香りが、近くにゆくとフワっと流れてきます。
巣立った鳩がまだ餌をついばみに来てる頃でした。
クレマチスも咲き出して、良い季節です。

良かったら → 野鳥たちの子育て日記

2009.7.28
ロングランでしょう?
一度咲き出すと、ずっと続けて咲いています。
いつもいるので忘れがち(^T^)ゞ
なかなか梅雨明けしなかったり、九州より早く関東が梅雨明けだったり
梅雨明けしても雨の日が多かったり(笑)さんざんな夏です。
暑い中デッキの拡張工事もしてもらいました。
夏祭りの役員だった今年、無事楽しく夏祭りも終わって、ほっと一息の頃の
写真です。マツリカの小さな白い花が心に優しい。
裏通路では白い鹿の子百合が甘く咲いています。

2009.8.5
少し広がったデッキの端にマツリカの大きな鉢を置きました。
今までより明るくなって直射日光も少し多めに射すようになりました。
でも半日陰には変わりありませんが・・・。

床に花が散っています。
散る頃、花がピンクになるんですよね。
そこもちょっと面白い。
庭では百日紅が満開。

暑い夏も花はなにかしら綺麗に咲いているものですね。
今年はクレマチスも何度か咲いてくれています。嬉しいですね。

2009.8.9
コロンとした蕾、可愛いなぁ。
こんな小さな花なのに、なぜこんなに好きになったのかなぁ。。。
トレニア、ナスタチウム、そしてバラ・アンの蕾。 真夏なりに小さく少しづつの花たちが嬉しい。