ホスタ
シーボルディアナの話
手間なしで育つホスタですがお庭ではいい働きをしてくれますね。
日陰に強くて葉が美しくて、花も楽しめて、しかも花期もいろいろ。
大型のホスタなんて私の庭では女王様ですよ^^
そんなホスタ「シーボルディアナ」の育成記録です。
2006年3月、裸根だけが入っている姿で購入しました。
植え込んだのは裏の通路、しかも土が石ころだらけの悪条件。
あまりにも、と思い、園芸用土を混ぜてから植え込みました。
2006年5月、可愛い新芽が芽吹きました。
葉脈がはっきりした大き目の葉で青さが目立ちます。
素敵になりそうですね!
この年は葉が育っただけでまだまだ幼く花芽が出るのは無理でした。
Hosta‘Sieboldiana’ELEGANS
ホスタ シーボルディアナ エレガンス

2007年6月 初めての開花を迎えました。
写真だと真っ白に見えますが、うっすら紫がかかっています。
花芽は一本でしたが、まだ葉がそう茂っていないのに
良く咲いてくれましたよね^^
えらいえらい、と誉めてあげたくなりますね。
2006.6.19撮影
初めて咲いた花の大きさは指と比べると
こんな感じです。

玉カンザシのように丸まった花芽が出て
下から順番に咲き・・・
咲き進みながら上に立ち上がっていきますよ。
2008年6月 少し育って二度目の開花を迎えました。

去年より少し大きく育って、ちょっとしっかりしてきました。
花芽も今年は2本立ち上がりました。

半日陰のつもりだったのですが、意外と午前中から真昼までの
夏の陽射しが強く、葉が傷みます。
今年はもっと日陰に移設することを考えています。
2008.6.15〜16撮影
葉の数も増えましたね!去年の倍以上ありそうです。
半日陰の方が青みが増すそうですよ。
大型のホスタで直径1m位まで広がって育つんですって。

移設して大切にしようと思います。
お話はぜひ掲示板
milky−skyのひとりごと

※イラストは赤ずきんちゃんの散・歩・道からお借りしています。
トップページに戻る
また追記しますね!
植えっぱなしで病気の心配も虫の心配もしなくて育つ、ホスタってスグレモノですよね。
和の庭にも洋の庭にもマッチして、これはなかなかの植物です。
これからこのシーボルディアナがどんなふうに育っていくのか、とっても楽しみ!
2008年8月 植替えました。

ガーデニング小屋が出来て
すっかり日陰になってしまったツツジと
日が強すぎて葉が焼けてしまったシーボルディアナ。


ツツジはこのままでは花は咲きませんし
この二つの場所を交換することにしました。
<植替え前>
<植替え後>
シーボルディアナは思った通り、根がよく育ってました。
白くて太い根っこなんですね。
ツツジは移設して、これで間違いなくいいと思います。

シーボルディアナはほとんど日が差さなくなりました。
しかもここの土、ちょっと病気です。
薬を撒いて、土も改善して植えてみました。
葉にはいいと思うんですが、花はどうなんでしょう?
咲くんでしょうか?

来年の様子を見たいと思います。
2008.8.23
2009年6月

う〜〜ん。。。。 ↑であれこれ言っておきながら…結局移設した小屋の脇は夏の西日が強く射して
葉が焼けることがわかったんです。
それで、
冬にまた移設。
場所がなくて・・・・探しに探して放浪記?!
和庭の隅のものすごい日陰に植えました。。。。
咲きましたけど、あまりに可哀想。
植えた時想像した以上に周りの草花が育ってきちゃって・・・おまけに陽射しが少なすぎるみたいですよ。
植え替えばかりで根も傷んだのでしょう。花も一本だけでした。

また場所を探さなくっちゃ!!もっと広くて少しは陽射しの当たるところ。。。。うう〜〜む。。。