milky-skyのひとりごと

お引っ越ししました。こちらが新しいURLです。

今、この花を含めて小さな蕾まで5つあります。
こんな状態で全部咲けるかな? 私の庭の、こんな条件でも咲いてくれるフランシスブレイズ。
日当たり抜群のところで育てたら、さぞかし立派にたくさん咲くことでしょうね。健康で病気しなくて素晴らしいバラだと思います。

2010.11.15 ゆっくり咲き進んでいます。いい香り!

写真に向かって右側はお隣の建物がすぐそこに。左側から前に向かって斜めに自宅建物。
こんな場所でひっそり。柔らかく。。

2010.10.11

朝露に濡れた花も葉も綺麗でした。


本当にいいバラですよね〜

5月が天候不順だった今年は、6月のほうが美しく咲けたでしょうか。
クレマチスと一緒に綺麗でした。

枝がずいぶん伸びて背が高くなってきました。

2010.8.15撮影

2010.8.7撮影

同じアーチの上の方では
クレマチスが咲き続けていました。

こぼれるように咲くクレマチスが
とても嬉しかった。

2010.5.25撮影

2010.5.27撮影

フランシス・ブレイズのお話

2010.11.12撮影

2010.6.30

雨と陽射しの交互攻撃で傷みながら咲きだしました。
切り取ろうか悩みながら。。。

2010.6.22

フランシス・ブレイズ
系統:シュラブ
1989年 フランス ギョー社
中輪 素敵な香りがします
四季咲き

2010年11月のフランシスブレイズ

夏の初めに現れたベイサルシュートが良く伸びて
8月、9月の猛暑の中咲いてくれました。

そして今、アーチに寄り添って・・・ここまで来れば安心です。
もう半日陰の庭でも上手にお日様をキャッチできそう。

花は下の方でも咲いています。
冬の剪定はどんなふうにしたらいいのか、考えているところです。

この数日で、ほんの少しですが暑さの峠を越えた感じで
朝晩が過ごしやすくなりました。
その気配をいち早く感じたのか、久しぶりにまともな姿の花です。
下はシュートの先の蕾。

猫のハックが最期のころで、毎日が辛そうでした。
私も一緒に苦しんでいたと思います。

朝、白い鹿野子百合に癒されて励まされていました。

2010.7.23

2010.7.4

2010.6.27 新しい蕾が続々と。。。

寒さのせいか、日照不足か、最初の蕾を幾つか失いました。
そのかわり一輪が大きめに咲きました。

昨年冬の剪定で長めにしてあるので、背丈も高くなってきています。


四季咲きなので、春はこの位で充分ですね^^

右の写真の中央に4輪ほど見えるのが
フランシスブレイズです。

小屋を設置したせいで日当たりが悪くなり
なるたけ背丈を稼いで、早めにアーチに
添わせようと考えています。

2010.5.22撮影

2009年5月
2008.5.27撮影
購入したのは2007年冬のこと。
2008年5月に最初の一輪が咲いた朝
「わぁ、かわいいっ!」って
思わず声に出して言ってしまった!

それがこの左の写真です。
はじめまして!こんにちわ!

私の庭にようこそ!

そんな初めてのご挨拶のお花。
もうこれですっかりフランシスに夢中になりました。

それから咲くこと!咲くこと!
繰り返し繰り返し、真夏も可愛らしく咲いてくれていました。

※バナーはイタリアからボンジョルノのKeikoさんが作ってくださいました。
※イラストや壁紙は赤ずきんちゃんの散・歩・道からお借りしています。

また咲いたら追記しま〜す!

2010年10月のフランシスブレイズ

お盆のころ、峠を越えたかと思った暑さは、そのままいつまでも続き・・・9月半ばまで猛暑の連続でした。
植物も参ったでしょうが、私もかなり参りました。9月下旬からようやく過ごしやすくなり、10月でやっと秋になったと実感です。
フランシスブレイズの秋の花も始まりました。

2010.8.12撮影

2010.8.9撮影

2010.7.28 数輪の花が咲いて。毎日が猛暑で34℃以上の気温が続いていました。

2010.7.24 おお〜っ、夏にしては美しいお花!元気ですね〜♪
      株元からベイサルシュートも出てきました。

2010.7.17 すっかり夏の顔ですね^^ ポンポン咲きになってます。

2010.7.16 梅雨明けして真っ青な空。フランシスが一輪また咲きだしました。

ヒョロヒョロっと高くなってきましたよ。
支えをつけてあげました。

2010.6.17

2010年6月のフランシスブレイズ

2010.5.29撮影

フランシス・ブレイズは、庭のバラが増えて新人を迎えることが難しくなった中
考えに考えて、選びに選んで、育てだしたバラです。
庭にいて何度も咲いてくれる子がいいな、
アーチに寄せるにはシュラブかな、
香りがあったら嬉しいな、
病気に強い子がいいな、
そんなふうに考えていました。

カタログや販売元の説明や写真って、どれも素敵で
でもその通りとは限りませんよね。

でもこの子は違いました!
期待以上だったんです。
2009.5.15 

綺麗に咲き出しています。
この頃、庭はバラの開花ラッシュでした。
八重のハマナスが満開、ザ・ダークレディも美しく咲き
ブラッシング・ノックアウトやポールズ・ヒマラヤンムスクも開花が進んできて
つるバラのイブ・ピアッチェも・・・ほとんどのバラが活躍している時でした。

その中でフランシスの愛らしい佇まいと香り、本当に良かったんですよ。
2008年5月

ずいぶん寒くなってきました。フランシスブレイズの咲いている場所は陽がほとんど当たらなくなりました。
それでも美しくひっそりと咲く様子、見てやってくださいね?

10月22日のフランシス。静かに満開です。まだ蕾も。

2010年8月のフランシスブレイズ

デイリリーやホタルブクロが咲きだした頃でした。

2010年7月のフランシスブレイズ

2010.6.21

先に咲いた花はふわふわと柔らかく
次の花が開きだしました。
一緒に咲いてくるのはカンパニュラ。

2010.6.20

2010.6.19

一年を通して追うつもりだったフランシスブレイズ。
すっかり忙しくて、気付くと一年ご無沙汰でした(苦笑)

今年の春は気象変化が激しく、特に温度差、低温がひどかったです。

2010年5月
5月10日頃、今年もいい枝が現れて
蕾が大きくなってきました。

アプリコットの入った甘い可愛らしいピンクです。
蕾は赤めで、寄り集まっている様子は
とっても可愛いです。
フランシス・ブレイズの足元には斑入りのアベリアや毎年咲いてくれる薄紫のバーベナなどを
植えてあります。 これがまたお似合いなんですよ^^
花びらがたくさん入ったカップ咲き。 春の一番花は特にオレンジの色あいが濃い感じです。
今年もきっと、何度も咲いて
私を喜ばせてくれることだろうと思います。


とっても可愛くて、強い子なので
ぜひご紹介したくって!

フランシス・ブレイズの今後にも
お付合いくださいね。
きっとあなたも好きになってしまうかも^^

左の写真は5月半ば。
それからひとしきり咲いて、花後の剪定をしました。

6月、新しく芽がでて育ちだしています。