今年は寒い日が多いせいか、昨年よりゆっくり咲き進んでいます。晴れた日には強く香り立ちます。
アップルブロッサムの花の多さ、素晴らしいですよね〜。
2階のベランダがいい香りで、洗濯物を干すくらいしか用がないので勿体無いです。
切り詰めれば1階で楽しめるんでしょうね。
でもその勇気もまだ無いなぁ。

物干し台に絡むので壁側に誘引してあります。
今年も咲きながら新芽がひゅんひゅん伸びてきています。
これがなかなかなんですよね。
もう物干しに絡みついてるのを発見しましたから。

2010年3月22日撮影 ジャックと豆の木みたいにグングン伸びて2階のベランダに到達しております。

SINCE 2005.6.14
春一番に溢れるように咲いて、香りを恵んでくれる
素晴らしいクレマチス「アーマンディ・アップルブロッサム」。
植えて一年目の春こそ咲かなかったものの、その後の成長振りには驚かされます。
一季咲きだけど、それだからこその醍醐味が!
植えてみたら、育ててみたら、咲いてみたら・・・!?
きっとあなたも虜になりますよ\(^◇^)/
milky−skyのひとりごと

出窓の上からこぼれるように咲いてます。

これから咲き進むと、もっとこぼれてくるかな?って待っています。

今年の春は低温です。
なかなか安定した暖かさになりません。
それでも花たちは咲く時を知って咲きだすものなんですね。

暖かくなるのを待ってなんかいられないさ~、今咲かなくっちゃ〜♪というような気合まで感じますよ。

この春は東北大震災で今も列島の半分が揺れ続けています。
アップルブロッサムの花が私を勇気づけてくれています。


「がんばろう日本!」が今年の春の合言葉。

クレマチス
アーマンディ・アップルブロッサム

キジバトがデッキに巣を作りだし、アップルブロッサムの新芽はわさわさ伸び出し…。
これはやはり、今のうちに来年を考えて決断しなければ、と思い切って2階のベランダから枝を引き出し
無理な部分はかなり切って、1階出窓上へ誘引しました。

2010.6.28撮影

2010.5,9

まだまだ蕾が多く、枝にくっついたまま咲いています。
今日は久しぶりに暖かないいお天気で、2階で洗濯物を干す時、アップルブロッサムの良い香りがしていました。
本当にいい香りです。


中国原産アーマンディーの変種。
耐寒性:-5℃くらいまで

※私の住む佐倉市の昨年の最低気温は-6.7℃、今年も一月に最低気温-5.7℃
 結構寒さに耐えてますね!

開花期:3月下旬〜4月中旬
花径:4〜6cm
花色:淡いピンク色
剪定:弱剪定
葉:常緑で大きく細長い
生育旺盛
甘いリンゴの香りに似ているとのことからアップルブロッサムの名が。


育てだしたばかりの頃は、どれが蕾なのかもわからずヤキモキしたものでした。
このクレマチスの魅力と咲き方、一年の様子などを記載していきたいと思います。

何かの参考になれば幸せです。

お話はぜひ掲示板
milky−skyのひとりごと

※イラストは赤ずきんちゃんの散・歩・道からお借りしています。
トップページに戻る

ここまで読んでくださってありがとう!
私の大事なアップルブロッサムは2011年夏に枯れました。
常緑で硬い葉なので弱ったことに気付くのが遅く、気付いた時には遅かった。
以下に考えられる原因と反省点を記します。
皆さん、私の失敗を繰り返さないでくださいね^^

原因は考えられるのが3つ。

@猛暑なのに南西にいて暑さをまともに受けていた。しかも出窓の屋根の上で余計暑かったと思う。
Aそれなのに私が水やりをサボり気味だった。
B育ち過ぎて枝が長くなっていた(つまり末端まで水分を行き渡らせるのが大変だったと思う)。

たぶんAが一番問題だったと思います。
暑くても枝が長くても水さえ毎日たっぷりあげてたら大丈夫だったと思うのね。
私の方が去年は夏に負けちゃってて、しかも結構忙しくて、鉢植えに水をやるので精一杯でした。
地植えの物にもしっかりあげないとダメですね〜
それが一番の反省です。

反省点
@クレマチスは水枯れに弱い。地植えでも乾いてたら水をしっかりあげる。
A伸びる、育つ、大きくなる!と喜んでましたが、あまり巨体にしないで育てる方がいいように思います。
 何メートルも先の枝葉まで水と養分を行き渡らせるのは、たぶん大変なんだと思いますもんね(^-^;)ゞ


というわけで私のアップルブロッサムの記録はこれでおしまいです。
拙い記事でしたが、少しでも参考になる部分がありましたら幸いです。

それではまたね♪


楽しみなような、怖いような、なんて言っていましたが、アップルブロッサムは想像通りの伸び方でした!

2009年2月22日 新芽や花芽が大きくなってきました。
2009.2.22 撮影 これは新芽
今年は昨年にも増してたくさんの花芽が育っています。上の写真は花芽ではなく新芽のようですね!
枝も木質化してきていますね。
花芽は↓の写真のように真ん丸でころころしているんです。
どの蔓にもころころの花芽がいっぱい!
それが近頃少しだけ緩みだしたような気がします。

このふきのとうみたいな姿の花芽から
小さな葡萄のような蕾の塊が産まれてくるはずです。

2009年3月10日 ちょっとだけ展開はじめました!
新芽が現れて伸びようとしています。
丸くて蕾のように見えるのは手を広げる前の新芽です。
ほら!こちらが蕾ですよ!
色がついてますね、嬉しいなぁ〜O(^▽^)O

2009年3月17日 蕾が随分出てきましたよ^^
まだまだ固く閉じた花芽も多いのですが、一番育ちが良かった
あたりから、やっと蕾が飛び出しました。
大きな房ですね〜^^
アップルブロッサムは一つの花芽から幾つもの蕾が現われるんです。
まだ身を寄せ合って固まっていますね^^
暖かい日が続くと、一つ一つが伸び伸びとしてきますよ。
楽しみですね〜♪
クレマチスに興味を持ち出した頃、右も左も判らず困って買ったのが
この「BISES」でした。2005年4月号。
クレマチスの特集でした。

様々な品種や系統が説明されていて、わからないなりに参考になり
そしてこの中で「絶対欲しい!!」と強く思ったのが、アップルブロッサムだったのです。

ガーデナーの体験通信として作られた頁には、溢れんばかりに咲いている
美しいアップルブロッサムの写真が。

飛び交う言葉は
「ダイナミックな生長」「壮麗に咲き誇り、ほんのり香る」
「普通のアーマンディーは房に10数個の花をつけるが、このアップルブロッサムは
その何倍もの花をつける」

ここまで書かれたら、そりゃ欲しくなるでしょう?
*---------------------*私とアップルブロッサムとの出会い
というわけで探して探して(おおげさ、笑)やっと見つけたアップルブロッサムの鉢。 開花した後のある株でした。
入手したのは翌年の2006年5月のことでした。
さっそくバラのアーチの脇に植え付けました。
それから枝がずんずん伸びて、アーチのてっぺんまで到達しました。
翌年(2007年)、左の写真のようなぷっくりした芽が育ちました。

もしや、これは咲いてくれるの?!と期待しましたが、残念ながら
これは新芽でした。

いったい花芽はどんな姿で、どんなタイミングで現われるのだろう?
知りたくて知りたくて、育てている知り合いを見つけて見学に行きました(^−^;)ゞ

花芽は真ん丸くて、とっても大きいってことが判りました。
これが地植えして一年後のアップルブロッサムです。
黄色い点線で囲んだ部分、枝数は少ないですが、よく
伸びましたね^^

でも一年では咲かないものなんですね〜。
期待してましたからガックリでしたよ。
地面に根を下ろして、嬉しくて伸びることに夢中だったんですね。
*---------------------*ステージ1<入手(2006年5月)から一年後まで>
*---------------------*ステージ2<入手から2年後>
2008年3月! 植えてから2年経った早春、ついに開花です!
昨年とはまったく違った真ん丸い花芽が育ちだして
3月には大きく膨れてきました。


そしてはじめての蕾が溢れ出し、こんなふうに
咲いてくれたのです。

待ちに待った開花でした・゜゜・(≧∀≦)・゜゜・。


2008年3月22日、ちょっと渋いピンクの蕾がそっと開きだし
4月半ばには満開になりました。
咲き進むにつれて、淡いピンクに、そしてほぼ白に。

BISESの中で降るように咲いているアップルブロッサム。
その姿に憬れて育て出し、やっと最初の開花に会えました。

2年待った甲斐があり、こんなにたわわに!


一輪ずつは、そう香らないんです。
でも、
これだけ咲けば、それはそれはいい香りです。
デッキは良い香りで満たされました。

そして香りは上へ立ち上り、2階のベランダも香りでいっぱい。
噂どおりの
爽やかな甘酸っぱい香りでした。

素敵でしょう?!本当に大好きになりました!

4月半ば過ぎ、はらはらと散りだしました。


最初の丸2年を急ぎ足でご報告させて
いただきましたが、今年(2009年)は
蕾の姿から丁寧に追ってみたいと思います。


よろしくお付合いくださいね^^
*---------------------*ステージ3<入手から丸3年育って>

アップルブロッサムの大きさは?
手と比較すると感じがつかめますか?
大きいでしょう?
私は初めて蕾を見たとき、想像以上に大きいな、と感じました。

想像以上に大きくてしっかりしていたのは、この常緑の葉もそうです。

結構大きな葉でしょう?
常緑なのも魅力、と書かれていたりしますが、
なかなかのツワモノで考えようによっては問題かもしれません。
日除けにするには最高!でもあまり茂ると重さを感じますね。

なんでも長所と短所は背中合わせですね^^

パーゴラがあったらいいだろうなぁ!などと思います。
枝も先の若いところは緑ですが根元の方から木質化しています。
枝も一昨年の枝はしっかり木になっていますよ。

ジャックと豆の木みたいに伸びるんです。
クレマチスの中のモンスターですね!
私の庭で、このアップルブロッサムは南西にいます。 一年中陽射しにはことかきません。
夏など暑すぎるのでは?と心配でしたが、今のところなんとか大丈夫のようです。
でも夏場は葉が焼けますね。 
東側なら最高なのでしょうけれど、
暑さにも結構強いみたいです。
長く伸びるので、夏に枯らしては大変と、乾燥が激しい時は水を撒いてあげてます。
肥料は隣に植えてあるモッコウバラと同じように
堆肥や有機肥料を年に数回あげてます。
蔓の節々にダンゴのようになって花芽がついていますね。 どの花芽にも蕾がいっぱい宿っていますよ。
咲いたらすごいでしょうね〜。
※小さな緑の葉はモッコウバラのものです。

2011.4.9撮影

2011.4.9
また1年経ちました

ゴミ袋に一袋分の枝を切りました(^0^;)ゞ
さて、来年どうかな?!

2010.4.6

2階に伸びた枝はこんなふうになってます。

2009年3月21日 少しだけ咲き出しました。

昨年とほぼ同じ日に開きだしました。

開きだしの頃は蕾の姿も質感も、なんだかシンビジウムに似ています。
まだまだ蕾が出てきてない花芽もあります。
咲き進むのが楽しみです^^

この日、東京都では桜の開花宣言がありました。
2009.3.21

千葉県松戸市のお友達からは
アーマンディ満開のお知らせが!

アーマンディはお花がクリーム色っぽい白です。
香りもアップルブロッサムより強いらしいです。
こうやって見ると花数が多くて
アップルブロッサムと数に変わりが無いような??
ヽ(~〜~ )ノ ハテ?
きっといい香りで溢れているんでしょうね〜^^
花もアップルブロッサムよりひと回り大きいそうです。

同じ千葉県でも、ここ佐倉市と松戸市では
結構気候が違うんですね。

2009年1月の最低気温 佐倉市:-5.7℃ 我孫子市(松戸方面):-2.7℃

こちらは友人宅(松戸市)の
アーマンディ
参考:アーマンディ
Clematis armandii ‘Apple Blossom

2010.3.22 撮影  少し咲き出しています。

Clematis armandii
中国原産・耐寒温度-15℃
花径:8cm 生育旺盛
←2008年、私のアップルブロッサムの初めての開花の様子です。

Clematis armandii ‘Apple Blossom

昨年思い切って誘引しなおしたのは良かったと思います。綺麗に咲きだしています。
今日は曇天、時々雨も降ってくるあいにくの天気ですがデッキではアップルブロッサムの香りがしてきます。

2010.4.12

1階のデッキでも咲いて、とても綺麗になってきました。

あっという間に2010年
アーマンディもいいですね〜(*´▽`*)
アーマンディを植えているお友達も何人かいらっしゃるんですよ!
見てると欲しくなりそうですが、モンスターはアップルブロッサムだけで手一杯、庭いっぱいですね(笑)!
今年はモッコウバラの蕾がもうこんなに大きくなって来ています。
もしかしたらアップルブロッサムと同時に咲けるかもしれませんね!
なんだかワクワクします(〃∇〃) ☆
2009年3月24日

雨が降って昼前にはあがりましたが、気温が低くなって
なんだか冬に逆戻りしてしまったような感じです。
アップルブロッサムもかなりほころんできていますが
なかなか思うようには咲き進みません。
ひとかたまりの量がすごいですよね。
でも誘引の仕方がダメでした。 こんなに太くて強いツルとは思わなかったし、こんなにしっかりした葉とも思わなかったので
最初アーチに絡ませようと思ってましたからね〜。
モッコウバラとアップルブロッサムの両方を、華奢なアーチに誘引するのはちょっと無理です。
だからアップルブロッサムはアーチの奥の壁や2階に向かって伸びてます。
今年、どんなふうにどこへ誘引したらいいのか、すごく悩んでいます。
最初の思惑とはぜ〜〜んぜん違っちゃってます! まいった〜(^−^;)ゞ
毎度こんな失敗をしてますよね〜。。。。 だからこそのこの記事なんですけどね。
私の失敗をぜひ参考になさって、同じ失敗をなさらないでくださいね^^
2009年4月2日

気温の低い日が続いて桜もアップルブロッサムもなかなか満開にならないでいます。
それでもこの位まで開いてきましたよ^^
淡いピンクの色がかわいいなぁ!って見とれています。
近頃は香りもします、爽やかな香りですよ。
先日から誘引に悩んでいたのですが、開きだして、ますますこれじゃダメと思いだし…。
こんなに花が咲きだして蕾で重い時にどうかと思いましたが、意を決して誘引しなおしました。

アーチの上に伸びたモッコウバラのさらに上までアップルブロッサムが伸びていたので、絡んだ葉を切り取り、
芋づる式にズルズル。。。と引っ張りました。
かなり荒作業で(^-^;)ゞ 
たぶん枝の途中で切れちゃうだろうなぁ、と覚悟の上だったんです。

でもアップルブロッサムの枝ってなかなか強いんですね〜!
バリバリ、とかメリっ!とかいう度ヒヤヒヤでしたが、なんとか外せました。
♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

でね、葉っぱがあまりにも大きくて邪魔だから少し切り捨てました。
そしたら花がよく見えるようになりましたよ。

はぁ〜、大冒険でしたね〜!
現在五分咲きといったところかな〜?
2009年4月5日

きれいです!
こうやって追ってみると、意外にゆっくり咲き進むものですね。

咲き進むに従って、花びらがひらひらと
柔らかそうに色も白くなっていくのがわかります。

最初固まって窮屈そうだったのが
少しづつ首を伸ばしてゆったりしてきてますね!



花と一緒に新芽もするすると伸びています。
まだまだ蕾も・・・。
2009年4月13日

花びらが白くなり、一部はらはらと散り出しました。
新しいツルもぐんぐん伸び始め、予定外の場所に手を伸ばし始めたので
慌てて誘引しなおしました。
かなり荒作業でしたが結構丈夫な枝でギシギシ言いながらも折れませんでした。
余分な枝は切りました。
モッコウバラと混じり合って育ってしまうと
デッキが日陰になりすぎてしまいます。

アップルブロッサムって茂ると
思ったより葉が重い感じなんですね。
それでモッコウバラとなるたけ分けて
壁側に誘引することにしました。

もう
2階へ2階へと伸びていってしまってるので
下から見るのではなく2階のベランダの花にしようかと。

来年はどんな風になるでしょうね。
楽しみなような、怖いような(笑)!