テニスボールの大きさに膨らんだ蕾が開きだし、大輪の花を展開します。

つるイブ・ピアッチェとアーチのお話

今、蕾が全部で11個確認できます。多くの蕾が色づいてきました。年内に全部咲けるかな?
とっても楽しみです。9月だったか10月初めだったか、蕾出ないかなぁ、って枝先をちょんちょん切りました。
それが功を奏したのかな?? なんだか分からないけれど、嬉しいな!

香りのバラに憧れて入手したつるバラのイブ・ピアッチェ。
そしてこの子のためにもう一つのアーチを設置したのは2006年6月のことでした。
その後の変遷をまとめていきたいと思います。

2012年春

冬剪定で思い切って短く切りました。
太くて木質化した幹が2本残りました。1本は1mちょっとの高さ、もう1本は60cm位の高さでしょうか。
新芽の出て来そうな気配のある場所は無くて心配でしたが、根が元気なら必ず芽吹く!と信じてやってみました。
そして4月、今綺麗な元気な芽が育って葉を展開しはじめています!

 


大きく育ったバラの初めてのリセット。
私の気持ちもリセットされて、初めてイブピアッチェの開花を待っていた頃のようにワクワクしています^^
今度は以前のように「おおきくな〜れ」ばかりではなく、形よく場所にあったような姿にまとめてみる勉強です!
そうそう、初めて芽かきというのもやってみたんです(((。^_^A
あまりにも沢山の芽が芽吹いたのでね、まずはそこからやってみました。

2010.12.25

今年は気温が安定せず、春と冬を行ったり来たりでした。
バラの開花は例年より1週間は遅れています。

でも咲き出しました!これから秒読みですね。

2009.10.15
2009.9.25

真っ青な空に晴れた秋のいい日でした。 息子が青い小さな物置を作ってくれた日でした。

2009.9.9

その後よ〜く見たら、これからの蕾が5個見つけられました!♪♪(o=゚▽゚)人(゚▽゚=o)♪♪ルンルン

2006.5.22撮影
イブ・ピアッチェの苗を植えたのは2005年秋のこと。
冬は日差しがあたらない裏通路の入口に植えました。
こんなに日当たりが悪くて大丈夫なものか心配しました。
それでも春からは少しづつ日差しが多くなります。
半年でやっとここまで育ちました。

上から降るように咲く大きな重そうな花。
小さな区画には多すぎる量で、咲くたび早目に切ってました。

そして長く伸びたシュートや太い枝を花後切り詰めました。

来年は枝をもっと整理して、もう少しコンパクトに咲かせたいと
思っています。
でもまだ具体的にどうするか自分の中でまとまっていません。

植えて6年経ちました。
ここいらへんでリセットして株の若返りを図るのも
いいかもしれませんよね。

美しい大きな花は皆高く咲いていて、手の届かぬもどかしさを
感じました。
やっぱりもう少し下で咲いてほしいな。

新しい年、6回目の春です。

本当に素敵です、イブ・ピアッチェ! 今年も冬の花が空高く咲いて。12月いっぱい咲き続けてくれてます。

2010.6.5撮影

2010.5.19 少しづつ開花中

去年の誘引後

ミニバラ スイートチャリオット

2009.9.28
先日見落としていた高い場所で花が咲きました。
もったいないので、切って飾ったんですよ。
とっても綺麗で、良い香り!

まさに芍薬咲き^^

2006.6.1撮影
設置したてのアーチ。
 (2006.6)
一年後の2007年のアーチです→
やっとバラも咲き出しました。
(2007.5.13)
初めて咲いてくれたイブ・ピアッチェは
華やかな大輪で
うわさ通りの素晴らしい香りでした。


待ってた甲斐がありました!


さあ、来年は?
たくさん咲かせることができるでしょうか。
お話はぜひ掲示板

※イラストは赤ずきんちゃんの散・歩・道からお借りしています。
トップページに戻る
また追記しますね!
2011年5月〜6月

ブラッシングノックアウトもまだ咲いています。
クリスマスの景色とは思えないようなバラたち。

誘引、剪定の作業はまだ先になりそうです。

この花がちょうどテニスボールくらいかな?
ここから開くとさらに大きくなるんですよ。

10月に返り咲きの1輪が咲き
11月初めにまた1輪が咲き、
そして今いくつもの蕾が色づいて来ています。
咲きだした蕾が2輪
もう寒くなった庭と冬空に映えています。

2010.12.1

2010.5.19撮影

イブピアッチェの下でブラッシングノックアウトも
綺麗になってきています。→

ブラッシング・ノックアウト

ずいぶん枝が増え、大きな株になってきました。とっても元気のいい枝を一本途中で折ってしまって残念!
でも壁いっぱいの枝を見ると、まあいいかと諦められます。なるたけ横に倒して葉を落としました。
大きな蕾も2個あったんですよ。

去年の誘引後の写真と比べると、随分大きく伸びたんですね〜
改めて驚きました!

2010.5.11 咲き出しました!

新しい年になりました。
2010.01.12 誘引作業完了

2009.9.28撮影

2009.9.20

2008.4.27

新しいシーズンの開幕間近です。
昨冬、イブ・ピアジェを誘引しました。 アーチだけでは収まりそうにないため、壁面にも少し誘引してみました。
2007年12月末頃、もう一つバラを追加しました。
2008.4.25 撮影
アーチの下に植えたオールドローズは
繰り返し何度も咲いてくれるオールドブラッシュ・チャイナ。
もう咲き出しました。
その二つのバラと一緒にクレマチスも二つ植えました。

薄紫の花を咲かせるマクロペタラと
花付きが良いというハーグレーハイブリッドです。
ハーグレーは蕾を持ち出しました。

ちなみにハーグレーハイブリッドは新枝咲きで強剪定(冬)
マクロペタラは弱剪定です。
アーチの右側にもバラとクレマチスを入れました。
バラは四季咲きで香り高いというフランシスブレーズ。シュラブローズです。
牛糞堆肥・腐葉土・有機肥料などをブレンドして
株元をマルチングしてあります。

とても元気に芽吹き、いいシュートも出てきました。
蕾も確認できます。
昨年すごい活躍だったクレマチスの
クリスパ・エンジェルを地植えにしてみました。

新しくシリアン・ブレイズというクレマも
安く手に入ったので植えてみました。
パテンス系弱剪定とあります。

2008.5.21追記
5月18日、最初の2輪が開き始めました!
今年はますます大きな花になったような気がします。
2008.5.18撮影
大輪のイブ・ピアッチェ、我が家のはツルタイプです。

つるバラ「イブ・ピアッチェ」
フランス メイアン作出
返り咲き
大輪・芳香

クライミングタイプでぐんぐん大きくなります。
花径は14cmにもなるんですよ。
2008.5.19撮影
2008年5月19日。 暴風雨の襲来!

アーチは今年も倒れました。(≧△≦)あちゃ〜。




次回へ続く・・・・・。
2008.5.20朝
アーチ、復旧させました^^;  
えいっ!と戻しても斜めになってしまうので、とりあえず建物の雨どいや写真右側の外灯に麻ひもで結わえました。
こういう大きなバラの花って咲くとかなり重くなるんですね。
誘引していた枝・・・一部麻ひもで引っ張って誘引していたのですが
花がいくつか咲いて、ちょうど鉄棒でくるんと回ったみたいに
逆さになってしまいました。

そのため仕方なく誘引を解きました。
それで、花がこんなふうに垂れ下がってるわけなんです。


もっとあちこちに縛って誘引しなくちゃダメなんですね。
色々と初心者には思いもかけない事があるものです。
2008.5.22撮影
その後、主人が頑丈そうな鉄筋(?)を2本打ち込んでくれました。 これで安心。

アーチに絡ませたクレマもポツポツ開花してくれてます。(2008.5.24)
クリスパ・エンジェル。
昨年は秋まで咲き続けてくれました。
ハーグレー・ハイブリッド。
最初の花は3〜4輪。また咲いてくれるか?
フランシスブレイズは5月末頃から咲き出しました。
素晴らしく美しい子でした!香りもとてもいいです!
イブ・ピアジェはアーチのてっぺんで大きな花を枝垂れさせもせず
咲き出しました。 一枝の先に3〜4輪も咲かせても頑丈に上を向いています。

これじゃ・・・・だめじゃん。
今年はこのてっぺんの花は切花で楽しみました。
お友達に差し上げたり、会社に持っていったり、お部屋に飾ったり。

イブ・ピアジェのアーチは大失敗!
来年は壁面に誘引してみようかと思います。
ステムが長いのであまり高く誘引してはいけませんね。
どうしたらいいか、考え中。冬までにゆっくり決めたいと思います。
2008.6.2撮影
お友達と出かけた先で道路際にあった農家みたいな雰囲気の花屋さんに
「ちょっと寄ってみようか?」って。
で、枯れかけたようなミニバラが100円で並んでたり
すごく立派な球根ベゴニアが380円だったり、面白いね、ここは・・・なんて。
その地味〜な片隅にしょぼそうなバラが430円。
ダンボールの札が「コーネリア」!しょえ〜〜〜〜〜っ!!!
よ、よんひゃくさんじゅうえん????まじ?
一緒にいたお友達もコーネリアを育ててて
「430円?!うそでしょ?!○○さん(私のこと)、これ絶対いいわよ!!!」
太鼓判3つ位ポンポンポーンと押してくれちゃって。

いつも仲良くしてくださってるネットのお友達が3人もコーネリアを育てています。
なんだか真似するようで、と気が退けつつ・・・でも買いました!
素晴らしい子らしいんですよ。

今はこんな小さな苗。 さてこれからに期待です。

2008.6.19
イブ・ピアジェを壁面に誘引するとなると、それじゃアーチはどうするの?それを考えていた。
せっかくのアーチなのに絡ませるものがないのは淋しい。
その問題もひょんなことから解決した。
なんと430円の鉢には苗が二つ入っていました。
ひとつはこのアーチに、もう一つはとりあえず
鉢植えにしました。
もう少し育ったら道路から門扉までの階段の
フェンスに絡ませたいと思っています。

2008.5.22

2008.8.10
七月も終わり頃から、イブピアジェは返り咲きをしています。
ぽちぽちと・・・。
残念ながら高すぎて花の姿を楽しめないでいます。

枝も随分伸びました。 シュートは裏通路側へも2本伸びています。
この狭い場所ではアーチより壁面に誘引したほうが
良さそうですよね。
問題は以前誘引した枝がアーチの枠をくぐってしまっていることです。
全部外側から誘引するべきだったんですよね。
最初の設置の仕方が勉強不足で、いろいろ課題が多くて悩みます。
milky−skyのひとりごと

昨年壁いっぱいに誘引したのが鬱陶しく感じて、今年は壁の半分までに抑えました。
枝を切ったせいなのか返って勢いを増して花数多く、すごい開花でした。

2008.8.26

8月もそろそろ終わりですが、イブピアッチェはまだ時々思い出したように咲いてくれます
あいかわらず高い位置で咲いているので、香りも顔も見れないんですよ。
でも毎日この姿を見てると、これはこれで自然な形でいいのかな?なんて気もしてきます。
右の写真の2本のシュート、これだけは壁に誘引したいですよね。
上の方の枝の集団はどうしようかなぁ〜?
イブピアッチェの誘引のお手本があったらいいのになぁ。
9月にもイブピアッチェは少しだけ咲いてくれました。
期待していないだけに、時折ポツンと咲いてくれる花にありがたさを感じてしまいます。
2008.9.28

9月28日に開いた一輪です。 秋を感じて花の姿もステキです。 アーチのてっぺんに咲いてしまったので
脚立に乗って手を伸ばして撮りました。 引き寄せると良い香り。 やはり見えるところで咲かせたいです。

2008.10.17

昨日、アーチを見あげたら新芽がいっぱい芽吹いていました!
こんなに沢山の新しい芽、いきなり現われてドキドキしました!
この新芽が伸びてくるとどんなになるのか
この冬、どう誘引して、春にどう咲かせたいのか
まだ決められないでいます。


ただ、近頃バラ園に通うようになって
こういう大型のツルバラは、あまり小細工せずに
自然の樹形で咲かせるのがいいのかも…と
そんな気持ちも芽生えてきています。



ひゃ〜〜〜っ
どうなるんでしょう〜っ(≧▽≦)。。♪


ってか・・・・どうすればいいんでしょう〜っ!
2008.11.1

こないだの新芽の芽吹きでドキドキしてたのに
今度は蕾を発見〜♪
♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!! です!

だって一季咲きのつるバラなのに〜(≧▽≦)。。♪
せいぜい夏にちょびっと返り咲き、と思っているのにね〜
11月にも咲いてくれるなんて嬉しい♪

なんか可愛さが増してきちゃいました〜O(^▽^)O
2008.11.14

なんとっ!蕾が5個に増えてます!
\(^◇^)/うれしいぴょ〜っ♪
冬の花を見れそうです(*´▽`*) (^ー゜)ノヤッタ♪(ー゜ ノ)クル(゜ ノ)クルヽ() クル( ゜ー)クル(゜-^v) ブイ♪
あまり嬉しくて脚立に乗って写真撮りました(大汗)
2008.12.12
風邪もめったに引かない私が生まれて初めて手術と入院でした。
たった5日間だけの入院でしたが、退院した私をイブ・ピアッチェが大輪の笑顔で迎えてくれました。
11月に現れた蕾のうちのトップバッターが一輪、大きく咲きました。
春とは違い重さで高い場所から下を向いて咲いてくれました。
こうやって見あげるのもいいものだ、と・・・だんだん自然な樹形のイブ・ピアッチェが好きになってきました。
無理してやたら作ることなく、なるたけ自然な感じに育て咲かせたい、それが私の一番好きな庭の形。
花の数や近くで見ることばかりにとらわれず、そのバラの自然樹形を愉しもう、そんな気持ちに変わってきています。
小さなバラも好きですが、大輪もいいですね!
たった一輪、このヒラヒラの子が咲いただけで
吸い込まれるような喜びがあります。

冬の花も香り高く咲いています。

折り重なるたくさんの花びらが開いてきて
あの蕾の中に、これだけの花びらがどうやって
押し込められていたのかと、いつも不思議に思います。
自然の力って凄いですよね。
入院中持ち込んだバラの本を丁寧に読み
いまさら「返り咲き」とは秋(冬)に咲く花のことと知りました(^-^;)ゞ
私、今まで返り咲きとは9月〜10月に咲く花のこととばかり
思ってたんです。

つまりこのイブ・ピアジェの立派な5つの蕾こそが「返り咲き」と
いうものだったんですね!


ということは、一季咲き(返り咲き)といわれている「つるイブ・ピアジェ」の
夏や秋にかけて咲いた花はなんて呼ぶんだろう?と・・・。
もとは四季咲きのHTのイブ・ピアジェから生まれたつるタイプ。
親の四季咲き性が残っているんですね。
「そっか、秋冬にこんなふうに楽しめるんだ」とかなり嬉しい気分です。
2008.12.12撮影



2009年1月  新しい年がやってきました。 つるイブ・ピアジェはまだ咲いてます。
年末からお正月にかけて2輪目が開きました。
優雅な姿です^^
嬉しくて、また脚立を持ち出して撮りました。
外の高い場所で咲かせているのも勿体無くて、切り取って花瓶に。

まだ残りの蕾が少しづつ開こうとしています。
2009.1.11
一月になってから、とんでもない方向に伸びている枝だけ誘引しました。

ほとんどは昨年のままです。
イブ・ピアジェは枝が下方を向いてしまうと、下に向かった部分からは新芽が育たないようなので(昨年の様子から判断)あまり無理な誘引は避けました。

それでも昨年中に枝垂れた枝もあるので、そのまま様子を見ます。
アーチ正面からは見づらい写真ですがこんなふうになってます。
脇から見るとこんな感じ。
小さなガーデニング用の小屋の脇の椅子に座ると、こんな姿が見えるんです。
イブ・ピアジェは大型のつるバラで、高い場所が充実して、低い場所はどうしても空いてしまいますね。

寂しくなってしまう下方面はオールドブラッシュにカバーしてもらっています。
イブ・ピアジェ、今年は細い枝も増えました。
そこに上手く花がつけば枝垂れて咲いてくれるかもしれませんね。 それを期待しています。
2009.1.11 撮影
2009.2.11 冬の蕾を切って葉も落とし誘引を完了させました。
寒さの中でも少しづつ膨らんでくる蕾に見とれ
なかなか剪定できずにいましたが、もう2月も
そろそろ半ば。

芽も動いて来そうです。
蕾は切り取りテーブルへ。
アーチ正面からだと判りづらいですね(^-^;)ゞ
→の写真はアーチの側面から撮りました。
一本長い枝を壁側に誘引してみました。
他の枝はアーチの天辺に誘引したり、自由なままに
なってたりします。
今年は裏通路を挟んで育っていたポールズ・ヒマラヤンムスク
の枝を少しアーチに誘引しました。
2009年3月25日  芽吹いてきれいになってきましたよ!

今年はバラの動きが早いね、ってバラ友が皆言ってます。
我が家のイブ・ピアッチェも元気な新芽を展開し始めましたよ!
空中に遊ばせている細めの枝からどんどん芽がでているので、もしかしたら今年は花が枝垂れて下を向いてくれるんじゃないかな?なんて今から期待してます。

2005年秋にちび苗を植えて、2007年に初開花、そして
今年は3回目の開花を迎えるわけですね。
だいぶ株も育って枝数も増えてきました。
どんなふうに咲いてくれるでしょうね?
楽しみですね〜〜〜(*´∇`*)


写真、左下に育っているのは
ブラッシング・ノックアウトです。
育ちが早く、そのうえ一年中咲いてくれるピンクの愛らしい子です。
これとイブ・ピアッチェの間には
シーフォームという小さなバラを昨年移設しました。
イブ・ピアッチェの下には
オールドブラッシュと、まだ育ってない小さなコーネリアがいます。

バラの季節にはどんな風景になるか、こうやって待っているのも楽しいものです。
これはブラッシング・ノックアウトの様子です。
ツルバラではなく、フロリバンダなのですが、場所の都合もあり誘引してみました。

葉も綺麗に吹き出ています。

このバラや網(?)に絡ませようとクレマチスも何種類か植えてあります。
欲張りですよね(^m^)

東側で朝日がさして西日は当たらない、バラやクレマに最高の場所なので混み合っています。
2009年4月13日  蕾が育っています^^

嬉しくて毎朝見上げて、数を数えていますワク♪〃o(*´▽`*)o〃ワク♪
まだ10個くらい・・・最初の蕾は赤くなってます^^

楽しみですね〜!
2009年5月 いよいよシーズン到来です!
最初の一輪が開いたのは4月22日頃でした。
まだ本来の姿ではなく面白い花びらの詰まり方でしたよ^^
2009年5月5日
満開のオールドブラッシュの上で
まずは一輪開花!
次々開いてきそうな様子です。

蕾の数、増えてますよ〜♪
今、こんな感じ。
ちょっと雨が続いtr薄暗いのが残念。
イブピアッチェの下で満開のオールドブラッシュ。
これも素敵でしょう?
オールドブラッシュってこんなバラ
よかったら見てね^^
これは脇で咲き出しているブラッシングノックアウト
いったん咲き出すとほぼ切れ目なく冬まで咲き続けるんですよ。
庭にとっては貴重なバラです。

半八重で素直な軽い感じの・・・大きすぎない中輪なのもいいですね。

一番低い場所の花が咲いて。 ひらひらの姿。

イブ・ピアッチェ

すっかり秋らしくなった十月半ば、一輪空高く咲き出しました。
近頃はバラを見上げるのもいいものだな、と思えるようになりました。庭では今ダルマギクが綺麗です。

2009.10.15撮影

ふわふわと青く咲き進みました。

大輪のイブピアッチェは大きさの差こそあれ、あのミニバラのスイートチャリオットと共通するものがありますね。

2009年5月のアーチ
2009年5月12日
きれいになってきました!
蕾もたっぷり、咲きながら新芽も伸びているので
今年は期待です^^
ずいぶん悩んだ誘引でしたが、あまり縛りつけずにそのままにしたのが
良かったと思ってます。
上を向いて咲いている花もあれば、重さで枝垂れた花もあり
小さなこのスペースに甘い香りが満ちているとお友達が言ってくださいます。

私は自由な枝ぶりを見て満足しています。


イブ・ピアッチェは全てにおいて豪快なバラですね!
2009.5.13
一日でかなり開いてきました。
フランシスブレイズも
咲き出しました。
2009.6.8

イブ・ピアッチェ、2番花の用意が始まっています。
あいかわらず豪快にシュートが伸びますね〜
2番花の蕾も5〜6個育てているようです。
この後、少し枝やブラインドを整理してみました。
2009.6.15

咲き出しました!綺麗です。枝も伸び出しています。
壁に針金を一本横に張ってくくりつけました。
2009.6.17 2輪目、3輪目が咲き出しました。 新しい枝の芽生えが美しいです。
2009.6.25 雨続きの中でやっと一息
2009.9.2

七月、八月は思い出したようにポツリポツリと咲いてくれました。
今はまた新しい芽が育ってきて美しいです。
今年も太くてしっかりしたシュートが数本育っています。
特に元気なシュートは3mほど伸びました。
来シーズンはこの枝が活躍しますね。
伸びている方向は壁側ではなく、写真手前に映っている照明に向かってです。
アーチをくぐって枝を伸ばしています。

昨年は秋(冬)に返り咲きして喜ばせてくれました。
今年はどうでしょう?
期待しながら、蕾の出現を待っています。
2009.9.2撮影
2009.9.6
見つけました、蕾が二つ!! 嬉しいですね〜^^ 9月も花を少し見せてくれるんですね!
2009.9.6撮影