2006年の紫陽花たち

2006.6.24
今年の庭を彩ってくれている紫陽花たちです。
あの無愛想だった裏の通路
今、夢みたいにキレイです。
アジサイと他の草花とで今、我家で一番きれいな場所。

茂りすぎたアジサイをかきわけてお洗濯を干してます。

この喜び、手をかけたものだけが味わえる幸せですね。
だから今年のアジサイは去年より特別きれいに
見えるのです。


「ここなんて誰も通らない」って最初言っていた主人も
途中からお手伝いしてくれて!
今は朝起きるとここに足が向かうそうです。


そんな庭バカ(笑)にちょっとお付合いくださいね?
2006.6.21撮影

庭から通路への入口の最初にいるのが
このピンクのアジサイ。
咲き始めから徐々に色が甘いピンクに
染まって行きます。

ひとつの花も大きくて、とても華やかな子です。

次にいるのがこの2株。
物干しの右側に茂っています。

背高な白は中央の小さな花だけブルーです。
咲き出しは全て白でした。

ちょっと背の低い方は紫。
この子も昨年よりぐっといい発色です。
主人があげた肥料が美味しかったんでしょう。

物干し台の後ろ側、建物側に移設した
小さなアジサイの株。
日当たりはかなり悪いのですが
大丈夫、育っています。


たしかこの子は水色だったと記憶しているのですが
今年はピンクが強いです。

でも本人もどちらの色にしていいか迷っているような色(笑)!

物干し台の左側にはまた白いこの子。

実はこの子は昨年ヘンな色合で
私はすっかり興味をなくしていたのです。
とにかく大き過ぎて邪魔なので、昨年かなり切り詰めました。

そしたらよけい元気に伸びてしまった!
そのうえ、何故かキレイな色とおおきな花びらに変身。
これなら悪くないわ、と考え直しました。
ただし今年はもっと剪定します。
大きすぎてお顔も見えません。

キッチンのドアの前にそっと咲いているのは
このピンクの子。


南天の白い花やミョウガの葉に守られながら
優しく咲いています。


毎朝この子に会いたくて、キッチンのドアを
開け放しています。

その奥、お隣との境のフェンスから
お隣に笑顔を送っているキレイな青い子。
この子はお隣のためのアジサイね。


咲き出しと満開のとき、中央の小花も
まわりの飾り花の色が変わっています。

あじさいのこの色の変化が
私たちの心を掴んで離さないのですね。

小さなローズガーデンの片隅にも
アジサイを2株移設しました。

肥料がたくさんのせいか、発色も強いです。

少し暗い場所から、鮮やかな色で
笑顔を送ってくれています。



ここまで登場したアジサイたちはこの家の先住民。
引っ越してきた時から植えられていた子たちを
私たちが手入れし、移設して並び替えました。
いまでは愛しい子たちです。

南側のお庭には私たちが連れてきたアジサイたちが
住んでいます。


この子は「隅田の花火」。
鉢植えの小さな子を地植えして2年足らず。
こんなに大きくなりました。


シャラの足元や門扉まわりを飾ってくれています。
この辺りは密集しすぎですが。。。(^-^;)ゞ

その隅田の花火のさらに足元に
主人が植え付けた小さな小さな山アジサイがいます。

この子は一番に花を咲かせました。
まだまだ小さくて覗き込まないと見えないくらい。

静かなおとなしい子です。

もう1株山アジサイがあるのですが
私が冬に何かの宿根草と間違えて、ばっさり切っちゃいました!
主人、がっくり。。。。。
今その子はせっせと葉っぱを伸ばしてます。
来年は咲けるかな?私にやられなければね。(^m^)

出窓の外、スモークツリーとクリスマスホーリーの
合間にぐんぐん育っているアジサイ。

この子も小さな鉢植えだった。
アジサイは地に放した途端、すごい成長ぶりですね。

新芽が伸びすぎて花が隠れちゃう。
キレイな色でしょう?

そして最後にこのアジサイ。
フェンスのモンタナやトキワマンサクに囲まれた位置にいて
見に行かないと見えないくらい埋れてます。


この子は背高にしてあげないとね。
そしたら良く見えるようになります。


けっこう濃い目の色ですがきれいです。
南の庭には似合う色かも。
アジサイだらけの我家の庭でした。
ながながお付合いありがとう。
まだあるの?って思ったでしょ(^m^)?ごめんね。
トップページに戻る
2006年6月の庭へ